岩波現代文庫<br> ロールズ政治哲学史講義〈1〉

個数:
  • ポイントキャンペーン

岩波現代文庫
ロールズ政治哲学史講義〈1〉

  • ウェブストアに54冊在庫がございます。(2020年05月25日 23時45分現在)
    【重要:納期について】
    緊急事態宣言等の影響により、出荷までに7~8日程度かかる場合がございます。
    誠におそれいりますが、ご了承のうえご注文をお願い申し上げます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 542p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784006004200
  • NDC分類 311.1
  • Cコード C0110

内容説明

『正義論』を主著とするロールズが、ハーバード大学で三十年にわたり行った「近代政治哲学」講座の講義録。自らの“公正としての正義”という構想に照らし、「範例」とみなす八人の理論家を論じる。第一巻では、社会契約論を代表する理論家(ホッブズ・ロック・ルソー)と功利主義の理論家ヒュームを取り上げる。

目次

序論―政治哲学についての見解
ホッブズ(ホッブズの世俗的道徳主義と社会契約の役割;人間本性と自然状態;実践的推論についてのホッブズの説明;主権者の役割と権力;ホッブズ索引)
ロック(ロックの自然法の教義;正統な体制に関するロックの解釈;所有権と階級国家)
ヒューム(「原初契約について」;効用、正義、そして賢明な観察者)
ルソー(社会契約―その問題;社会契約―諸仮定と一般意志(一)
一般意志(二)と安定性の問題)

著者等紹介

ロールズ,ジョン[ロールズ,ジョン] [Rawls,John]
1921‐2002年、元ハーバード大学教授

フリーマン,サミュエル[フリーマン,サミュエル] [Freeman,Samuel]
ペンシルベニア大学教授

齋藤純一[サイトウジュンイチ]
1958年生。早稲田大学政治経済学術院教授

佐藤正志[サトウセイシ]
1948年生。早稲田大学名誉教授

山岡龍一[ヤマオカリュウイチ]
1963年生。放送大学教授

谷澤正嗣[ヤザワマサシ]
1967年生。早稲田大学政治経済学術院准教授

〓山裕二[タカヤマユウジ]
1979年生。明治大学政治経済学部准教授

小田川大典[オダガワダイスケ]
1967年生。岡山大学社会文化科学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

ロールズが退職するまで三十年間ハーバード大学で行った「近代政治哲学」講座の講義録。自らの〈公正としての正義〉という構想に照らして、リベラリズムの伝統をつくった八人の理論家(ホッブズ、ロック、ヒューム、ルソー、ミル、マルクス、シジウィック、バトラー)を取り上げて解説する。『正義論』読解に不可欠の書。