岩波現代文庫
猫の大虐殺

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 360p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784006001858
  • NDC分類 235.05
  • Cコード C0122

内容説明

一八世紀初頭のある日、パリの労働者街の猫がのこらず殺された、と記す印刷職人の手記は、何を物語るのか。史料の奥底に隠された大革命以前の人びとの心性に、わずかな手がかりをもとに犯人をつきとめる名探偵のような鮮やかな推理で迫る。社会史研究の先駆的達成と評価される原書から、中核的論文四本を抜粋して収録。著者自身による解説も兼ねた「第三版への序文」を付す。

目次

農民は民話をとおして告げ口する―マザー・グースの意味
労働者の叛乱―サン・セヴラン街の猫の大虐殺
作家の身上書類を整理する一警部―フランス文壇の分析
読者がルソーに応える―ロマンティックな多感性の形成

著者紹介

ダーントン,ロバート[ダーントン,ロバート][Darnton,Robert]
1939年、ニューヨーク生まれ。ハーヴァード大学卒業後、オックスフォード大学でPh.D.(歴史学)取得。プリンストン大学歴史学教授を経て、現在、ハーヴァード大学図書館館長

海保眞夫[カイホマサオ]
1938年生まれ。慶應義塾大学文学部教授。2003年没

鷲見洋一[スミヨウイチ]
1941年生まれ。中部大学人文学部教授、慶應義塾大学名誉教授。文学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)