岩波現代文庫<br> 文化の詩学〈1〉

個数:
  • ポイントキャンペーン

岩波現代文庫
文化の詩学〈1〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年07月22日 04時05分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 355p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784006000875
  • NDC分類 104
  • Cコード C0110

内容説明

既成の学問の枠をこえて、文化の深層を読み解き、文化に活を入れるダイナミックな理論を構築する。文化記号論を中核に、歴史学、文化人類学、哲学、精神医学などの領野を駆けめぐり、映画、文学、絵画の素材を鮮やかに分析し、マス・メディアに対する新しい見方を呈示する。新しい知の展開をリードする著者ならではの多彩な現代文化論。

目次

序論 チアパス高原のカーニヴァル―あるいは祝祭の弁証法
1 オクタビオ・パスと歴史の詩学
2 オクタビオ・パスと文化記号論
3 文化記号論研究における「異化」の概念
4 文化人類学と現象学
5 精神医学と人間科学の対話
6 ヴァルネラビリティについて―潜在的凶器としての「日常生活」
7 スカートのなかの宇宙
8 「イエスの方舟」の記号論―マス・メディアと関係の構造性について
9 展覧会カタログとのつきあいかた

著者等紹介

山口昌男[ヤマグチマサオ]
1931年北海道生まれ。55年東京大学文学部国史学科卒業後、東京都立大学大学院で文化人類学を専攻。東京外国語大学教授、静岡県立大学教授を経て、現在札幌大学学長。「中心と周縁」「スケープゴート」「道化」などの概念を駆使して独自の文化理論を展開している
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

文化の深層を読み解き,文化に活を入れるダイナミックな理論を構築する.文化記号論を中核に様々な学問分野を駆けめぐり,映画,文学,絵画等の素材を鮮やかに分析.新しい知の展開をリードする著者独自の多彩な現代文化論.