岩波ジュニア新書<br> “銀の匙”の国語授業

個数:
電子版価格 ¥885
  • 電書あり

岩波ジュニア新書
“銀の匙”の国語授業

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年09月25日 21時59分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 204p/高さ 17cm
  • 商品コード 9784005007097
  • NDC分類 K375
  • Cコード C0237

内容説明

神戸の灘校で、中学3年間をかけて『銀の匙』をじっくり読み込むという驚くべき授業を続けてきた橋本先生の実践的授業。「国語はすべての教材の基本であり、学ぶ力の背骨」だという“伝説の教師”が、国語の学び方を伝える。「学ぶこと」の原点に気づかされる1冊。

目次

1 「土曜講座」―二七年ぶりに教壇に立つ
2 私の『銀の匙』授業(『銀の匙』を教科書にしたわけ;生徒の興味を広げる)
3 国語を学ぶとは(『灘高式勉強法/国語』のこと;読むこと、書くこと;古文―『従然草』そして古典の共同研究)
4 人生の節目に思う(灘校五〇年を振り返って;米寿自祝;まだまだしておきたいことがある)

著者等紹介

橋本武[ハシモトタケシ]
1912(明治45)年京都府生まれ。2012年に満100歳を迎える。1934年に東京高等師範学校を卒業、旧制灘中学校の国語教師となる。中勘助著『銀の匙』を中学3年間かけて読み込むという授業を実践、21歳から71歳まで、50年間にわたり教壇に立ち続けた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

灘校で中学3年間をかけて『銀の匙』1冊を読みこむという授業を続けてきた橋本先生の実践的授業.「国語はすべての教科の基本であり,学ぶ力の背骨」という伝説の教師が国語の学び方を伝えます.「早急に答えを求めてはいけない,すぐに役立つものはすぐに役立たなくなります」など「学び」の原点に気づかされる1冊.

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件