岩波新書<br> 同性愛と異性愛

個数:

岩波新書
同性愛と異性愛

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 212,/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004312352
  • NDC分類 367.9

内容説明

日本は同性愛者に寛容というのは本当だろうか。なぜ「見えない」存在なのか。エイズ問題や公共施設の利用拒否事件、ある殺人事件などを題材にしながら、異性愛社会に染み付いたホモフォビア(同性愛嫌悪)の諸相を描き出す。また、同性愛者が肯定的に生きていくための取り組みも紹介。同性愛者から見た、もうひとつの日本社会論。

目次

第1章 エイズ・パニック
第2章 法廷に出された差別
第3章 歴史のなかの同性愛者たち
第4章 ホモフォビアと異性愛主義
第5章 性的マイノリティとは何か
第6章 親密であるということ

著者紹介

風間孝[カザマタカシ]
1967年群馬県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位取得満期退学。現在、中京大学国際教養学部准教授。専攻は社会学、ゲイ・スタディーズ

河口和也[カワグチカズヤ]
1963年愛知県生まれ。筑波大学大学院博士課程社会科学研究科単位取得満期退学。現在、広島修道大学人文学部教授。専攻は社会学、ゲイ・スタディーズ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

日本は同性愛者に寛容というのは本当か。ある殺人事件やエイズ問題、公的施設の利用拒否事件などを題材に、異性愛社会に染み付いたホモフォビア(同性愛嫌悪)の諸相を描く。性的マイノリティが肯定的に生きられる社会への提言。