岩波新書
安心のファシズム―支配されたがる人びと

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 232p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004308973
  • NDC分類 316.1
  • Cコード C0236

内容説明

携帯電話、住基ネット、ネット家電、自動改札機など、便利なテクノロジーにちらつく権力の影。人間の尊厳を冒され、道具にされる運命をしいられるにもかかわらず、それでも人びとはそこに「安心」を求める。自由から逃走し、支配されたがるその心性はどこからくるのか。著者の長年の取材、調査、研究を集大成する渾身の書き下ろし。

目次

第1章 イラク人質事件と銃後の思想
第2章 自動改札機と携帯電話
第3章 自由からの逃走
第4章 監視カメラの心理学
第5章 社会ダーウィニズムと服従の論理
第6章 安心のファシズム

著者等紹介

斎藤貴男[サイトウタカオ]
1958年生れ。早稲田大学商学部卒、イギリス・バーミンガム大学修士(国際学MA)。「日本工業新聞」記者、「プレジデント」編集部、「週刊文春」記者を経て、フリージャーナリスト
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

人間の尊厳を冒され,道具にされる運命をしいられるにもかかわらず,それでも人びとはテクノロジーのもたらす利便性を追求し,そこに「安心」を求める.自由から逃走し,支配されたがるその心性はどこからくるのか.