岩波新書<br> 「対テロ戦争」とイスラム世界

岩波新書
「対テロ戦争」とイスラム世界

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 228,/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004307662
  • NDC分類 302.28

内容説明

アメリカ同時多発テロと「対テロ戦争」について、われわれはどこまで理解しているか。第一線で活躍する中東地域研究者たちが、事件の実像に迫るために、「テロ」の論理やアフガニスタン周辺の状況を丹念に分析。歴史的文脈や米国の中東政策のみならず、パレスチナ・湾岸・アフリカ・東南アジアなどイスラム世界全域の動向にも目を配る。

目次

序 「対テロ戦争」とイスラム世界
第1章 「イスラム原理主義」とジハードの論理
第2章 タリバーン時代のアフガニスタン
第3章 中央ユーラシアの再イスラム化
第4章 イラク・湾岸諸国―冷戦と湾岸戦争の遺産
第5章 パレスチナ問題
第6章 定点観測/界面観察
第7章 世界は変貌する―テロリズムとイスラム世界

著者紹介

板垣雄三[イタガキユウゾウ]
1931年、東京都生まれ。東京大学文学部西洋史学科卒。現在、東京大学名誉教授、東京経済大学名誉教授。専攻、中東・イスラム研究

出版社内容情報

同時多発テロとその後の「戦争」について,われわれはどこまで理解しているか? 第一線の中東研究者たちが,イスラム世界全域の動向を視野に入れ,「テロ」の論理や歴史的背景,今後の展望を分析.事件の実像に迫る必読の1冊.