岩波文庫別冊<br> 一日一文―英知のことば

個数:
  • ポイントキャンペーン

岩波文庫別冊
一日一文―英知のことば

  • 木田 元【編】
  • 価格 ¥1,210(本体¥1,100)
  • 岩波書店(2018/12発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 22pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月22日 22時40分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 416p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784003500279
  • NDC分類 159.8
  • Cコード C0120

出版社内容情報

古今東西の偉人たちのことばを1年366日に配列しました.私たちの人生に潤いや勇気を与えます.[2色刷]

はじめに
例 言

1 月
2 月
3 月
4 月
5 月
6 月
7 月
8 月
9 月
10 月
11 月
12 月

索 引

木田 元[キダ ゲン]
編集

内容説明

古今東西の偉人たちが残したことばは、深く、厳しく、温かく、ときに底知れぬ苦悩を湛えます。そうした先人たちのことばを一年三六六日に配列しました。短い章句ですが、どれも生き生きとした力で読む者に迫り、私たちの人生に潤いや生きる勇気を与えてくれます。

目次

1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

レアル

46
タイトル通り、古今東西の著名人の言葉(文章)が一日一(名)文書かれた本。昨年から読んで一年かけて今日読了。一日一文しか読まないという読み方が時間はかかるがとても贅沢な読み方であった。次は一文ではなく、興味のあったこの一文が入っている本そのものを読んでみたい。2021/07/25

すみれ

34
366人の古今東西の偉人の言葉が1人1頁、日本人は約百人。1月1日は柿本人麻呂の歌3首。12月31日は井原西鶴の世間胸算用の中の文。年内に読了できたらいいなと、名文に触れたい隙間時間に、読んだ日の頁から、ぱらぱらと気の赴くままに、順不同に、読んだ頁はチェックを入れながら読んでみた。疲れ気味の時の合間に、短い言葉達は気持ちをそろりと ニュートラルに近づけてくれる。余白が程よくあるので、親しい人たちの誕生日や記念日、大きなイベントなどを書き込んでみた、うんとシンプルな10年手帳みたいになっても楽しいかなあ。2019/12/14

壱萬弐仟縁冊

33
ウンベルト・エーコの『薔薇の名前(下)』東京創元社、1990年 (16頁)。「書物はしばしば別の書物のことを物語る。一巻の無害な書物がしばしば一個の種子に似て、危険な書物の花を咲かせてみたり、あるいは逆に、苦い根に甘い実を熟れさせたりする」。後者の本に巡り合える方が人間として嬉しいか。モンテスキュー『法の精神(上)』で、「自由とは法律の許すすべてをなす権利である」(29頁)。自由って法律あってこそ。フランシス・ベーコン『随想集』で、「少しばかりの書物が隅々まで熱心に注意深く読むべきものである」(33頁)。2019/01/05

あきあかね

29
 一日一頁、古今東西の人物の言葉が紹介されている。年明けから毎日少しずつ読み進め、一年を前にしてようやく読み終えた。慌ただしい日々を送る人たちに、「せめて一日に数行でもいい、心を洗われるような文章なり詩歌なりにふれて、豊かな気持で生きてもらいたい」という著者の思いから選ばれた名文たち。上品にすました文章よりも、各人の心の奥底からしぼり出されたような、熱く骨太の文章が多い気がする。分野は多彩で、哲学者の著者の選択だから、思想家が多いのかなと思っていたが、小説家、詩人、画家、歴史家、科学者、政治家など⇒2019/12/03

Tenouji

12
先ずはざっと流し読み。気になってた古典も、ここに取り上げられている文章は響かなかったり、意外なところで引っかかる内容があったり。気になるものは全編を読みたいね。2019/03/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13363061

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。