岩波文庫<br> 雇用、利子および貨幣の一般理論〈上〉

個数:
電子版価格 ¥1,078
  • 電書あり

岩波文庫
雇用、利子および貨幣の一般理論〈上〉

  • ウェブストアに9冊在庫がございます。(2021年09月24日 04時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 403p
  • 商品コード 9784003414514
  • NDC分類 331.74
  • Cコード C0133

出版社内容情報

経済学の歴史に「ケインズ革命」と呼ばれる一大転機を画した書。新古典派理論の特殊性と決別し、雇用と有効需要、利子率と流動性とを組み合わせた「一般理論」を構築。現代経済学の出発点にして、今なお必読の古典の待望の新訳。

内容説明

経済学の歴史に「ケインズ革命」と呼ばれる一大転機を画した書。資本主義の抱える大量失業と不安定な経済循環への処方箋として、雇用と有効需要、利子率と流動性とを組み合わせた「一般理論」を構想。現代経済学の出発点にして、今なお必読の古典。待望の新訳。

目次

第1篇 序論(一般理論;古典派経済学の公準;有効需要の原理)
第2篇 定義と概念(単位の選定;産出量と雇用の決定因としての期待;所得、貯蓄および投資の定義;使用費用について;貯蓄と投資の意味―続論)
第3篇 消費性向(消費性向(一)―客観的要因
消費性向(二)―主観的要因
限界消費性向と乗数)
第4篇 投資誘因(資本の限界効率;長期期待の状態;利子率の一般理論;古典派の利子率理論;マーシャル『経済学原理』、リカード『政治経済学原理』、その他に見られる利子率について;流動性への心理的誘因と営業的誘因;資本の性質に関するくさぐさの考察;利子と貨幣の本質的特性;雇用の一般理論―再論)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

kaizen@名古屋de朝活読書会

57
古典経済学のアダムスミスの経済原論,マルクス経済学の資本論,近代経済学のケインズの一般理論,現代経済学のサミュエルソンの経済学の4冊が、ある時代まで経済学部の教科書として引用。数学の考え方である限界理論を経済学に適用しようとした試みは、その後のコンピュータの発展とともに、実用的になっている。仮説はあくまでも仮説であり、現実と誤解しないようにすることが大切である。現地現物の中には、従来の実際の物やお金の流れ岳でなく、ネットワークを通じた口座の振替も範囲内であるため、架空の話と現実の話を混同しないことが大切。2011/04/23

Takaaki Sasaki(旧名balthazar)

10
あまりにも有名な経済学の古典。とは言え、多分経済学部出身者でも読んだ人は10人に一人ぐらいかも。上巻では有効需要、消費性向、投資要因など、ケインズ経済学の基礎的用語について語られる。注目すべきは彼が経済成長が進んでこれ以上成長が望めない準定常状態について語っていることで、ケインズが資本主義の未来についても深く考察していたことがうかがえる。やはりケインズは天才だ。2014/06/11

柏もち

9
書き方は分かりやすいのに内容が表面的にしか入ってこない。定義付けの話が長い分、そもそも自分が様々な語の定義をよく理解していないことを突きつけられ、ミクロ経済とマクロ経済で学んだ理論と現実経済の動きとを上手く結びつけて考えられていないことが浮き彫りになった。とりあえず自分の課題は分かった。本書は消費性向の分析・資本の限界効率の定義・利子率の理論の三点を中心に展開される。 十七章の利子率の話がとくに興味深かった。2016/05/16

home alone

8
古典派の経済学の2つの公準のうち1つを廃棄して新しい経済学を作ろうという野心的な作品。古典派では、曖昧だった用語をケインズ独自に再定義、新たに新しい用語も取り入れる。大体それで上巻は終わる。だが用語解説に尽きるのではなく、上巻にもケインズの考えは随所に出ているので、上巻が分かれば、下巻の理解はそんな困難でない。2012/08/13

壱萬弐仟縁冊

6
「社会が豊かになればなるほど、その現実の生産と潜在的生産[能力]との開きはますます大きくなる傾向にある」(44ページ)。A.C.ピグーが「待忍」という面白い表現を使ったようだ。今の消費者を言い当てている。つまり「消費を先延ばしすること、つまりひょっとしたら消尽されたかもしれない資源に生産手段という形をとらせる」(261ページ)。消費税が増税される直前に、この耐え忍んだ消費者が、一気に耐久消費財を買い替える。評者は来年にしたいが。雇用の悪化はニュースでも周知のとおり。利子も安すぎる。貨幣は増刷したいようだ?2012/11/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/376935

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。