岩波文庫<br> 久生十蘭短篇選

個数:
電子版価格 ¥946
  • 電書あり

岩波文庫
久生十蘭短篇選

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2022年07月05日 18時58分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 424p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784003118412
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

現役の作家のなかにも熱狂的なファンの少なくない、鬼才、久生十蘭の精粋を、おもに戦後に発表された短篇から厳選。世界短篇小説コンクールで第一席を獲得した「母子像」、幻想性豊かな「黄泉から」、戦争の記憶が鮮明な「蝶の絵」「復活祭」など、巧緻な構成と密度の高さが鮮烈な印象を残す全15篇。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ずっきーーーん

45
初っぱなの「黄泉から」でいきなり陶然となり、これはイカンとゆっくりとご褒美のように一篇一篇を読み進めていった。なんでこんなに好きなのかうまく説明できない。物語がいきなりぐっと近づいてくる瞬間が好き。一見からりとした文章は、行間を読ませるということがなく、ただ十蘭の言葉通りに思い描いて物語に沈むだけで幸せになれる。「黄泉から」「蝶の絵」「春雪」は、ダントツに好き。あっ、と思った時には鷲掴みにされていた。「無月物語」と「春の山」「白雪姫」は描写に酔っぱらう。解説は難解すぎたが、十蘭愛はひしひし伝わってきた。2018/03/05

安南

38
チェンチ一族の悲劇を中世日本に置き換えた『無月物語』のみ再読。解説によれば『無月物語』はスタンダールの作品を下敷きにしているらしい。2015/10/05

藤月はな(灯れ松明の火)

36
「黄泉から」はこの世でない者へ手を差し伸べるラストがロマンチックで印象的でした。「母子像」にも思春期特有の独りよがりな母への過度の美化と偶像が地に落ちた時の絶望、他人の勝手な分析を心根では否定するという描写は流石としか言いようがありません。久生十蘭作品は「キャラコさん」しか読んでいなかったので短編も読めてよかったです^^2011/10/02

ネムル

32
再読、一番好きな短編集。いきなり「黄泉から」「予言」と大傑作が並ぶせいで、後半忘れてる話も多かったが、それにしても手を替え品を替え、同じ話を繰り返し描き続けるものだ。日本と異郷(欧米・南方)、此方と彼方(異境)の越境とワンチャンの哀切と憂愁。また戦後の虚無を描くに、これほど簡潔にして色気ある文章もあるまい。今回の再読ではグレアム・グリーン並みに上手い「蝶の絵」や、「白雪姫」「春雪」「復活祭」「無月物語」が印象的だった(しかし、戦後の胡散臭い虚無キャラが出てくると、どれも池部良で脳内変換されて困る)。2020/05/21

かわうそ

31
無駄なく緊密に構成された超絶技巧の作品群。レトロな洋風の雰囲気と物語の終わった後を想像させる余韻が非常に心地よい。2014/05/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/555265

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。