岩波文庫<br> 江戸川乱歩作品集〈1〉人でなしの恋・孤島の鬼 他

個数:

岩波文庫
江戸川乱歩作品集〈1〉人でなしの恋・孤島の鬼 他

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月24日 21時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 528p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784003118146
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

文豪乱歩の世界を集成.第Ⅰ巻は「愛のゆくえ」.人間を踏み越えた人外の世界にこそ,愛がある.同性愛,人形愛,嗜虐愛が,存分に語られる.「接吻」「日記帳」「人でなしの恋」「蟲」「孤島の鬼」の5篇を収録(全3巻).

内容説明

日本探偵小説の開拓者にして第一人者であった江戸川乱歩の作品をテーマ別に精選する。第1巻は“愛のゆくえ”。臆病な愛。モダンな愛。裏切りの優しさと、優しさの酷薄。憧れの強さは殺意を生み、人を異形の存在に変える。「日記帳」「接吻」「人でなしの恋」「蟲」「孤島の鬼」の5篇を収録する。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

かわうそ

37
当時は珍しかったであろう同性愛風味と、現代の目で見れば不適切な内容を含むフリークショー的残酷描写が盛りだくさんに絡み合う「孤島の鬼」だけでおなかいっぱい。初めて読んだけどこれは面白かった。2018/03/05

しんすけ

15
乱歩は小学生のころから読んでいて高校生のころは春陽堂の乱歩著作集を読破したが、本書収録先品はすべて初読だ。 どちらかといえば純文学的な雰囲気もあるから、大衆向け出版社だった春陽堂が敬遠したのだろうか。 「心理試験」「D坂の殺人事件」「人間椅子」「 押絵と旅する男」なども大衆向けとは云えないと思うのだが、春陽堂は収録していた。 アンソロジーは編集者の興味が前面にでるものだから、それを問うても仕方ない。しかし収録作品の全作がすべて初読というのはあまりにも意外だった。2020/10/13

Rrr

6
「人でなしの恋」は高良健吾と満島ひかりのドラマで見たことがあった。耽美。 「蟲」がグロテスクで怖かった。 「孤島の鬼」は乱歩ワールドが爆発。よくこんな世界観を思いつくなあ。2019/07/31

Ted

6
'17年11月刊。○『孤島の鬼』のページ数が多いので、それ以外はつけたりかと思うほど分量のバランスがよくない。『孤島の鬼』は序盤の殺人事件は謎めいていて面白かったが中盤で唐突に解決していまい、終盤からは主人公の友人の実家がある島が舞台となり、トーンが一気に変ってしまう。さながらフリークショーの感あり。今では映像化は勿論、活字でも出せない内容なので「昔はおおらかで良かったなぁ」と思わずにはいられない。2018/01/07

K

5
愛のゆくえをテーマにした乱歩の作品集。「日記帳」「接吻」「人でなしの恋」「蟲」「孤島の鬼」の5篇。短編もそれぞれ楽しめたのですが、なんと言っても、長編の孤島の鬼が秀逸でした。密室殺人に暗号解読、復讐、嫉妬、同性愛…などなど、心躍るキーワードが山盛り。途中で飽きさせることなく一気に読ませてくれます。現代でも色褪せない乱歩ワールドが堪能できる1冊です。2020/11/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12441248

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。