岩波文庫<br> 歌舞伎十八番の内 勧進帳

個数:
  • ポイントキャンペーン

岩波文庫
歌舞伎十八番の内 勧進帳

  • 郡司 正勝【校注】
  • 価格 ¥726(本体¥660)
  • 岩波書店(2021/05発売)
  • 文庫・児童書 ポイント2倍キャンペーン対象商品(7/21~8/31)
  • ポイント 12pt
  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年08月10日 08時08分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 146p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784003025628
  • NDC分類 912.5
  • Cコード C0174

出版社内容情報

山伏姿に身を変え奥州へ落ちゆく義経主従。その前に安宅の関が立ちふさがる。関守富樫の厳しい詮議と追及。弁慶がこれを大胆不敵に退け、一行は辛くも虎口を逃れる。市川海老蔵(七代目団十郎)天保十一年初演の演目を、明治の「劇聖」九代目団十郎が端正な一幕劇として昇華させ今に伝わる、歌舞伎十八番屈指の傑作狂言。

内容説明

山伏姿に身を変え奥州へ落ちゆく義経主従。その前に安宅の関が立ちふさがる。関守富樫の厳しい詮議と追及。弁慶がこれを大胆不敵に退け、一行は辛くも虎口を逃れる。市川海老蔵(七代目団十郎)天保十一年初演の演目を、明治の「劇聖」九代目団十郎が端正な一幕劇として昇華させ今に伝わる、歌舞伎十八番屈指の傑作狂言。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

藤月はな(灯れ松明の火)

65
歌舞伎の十八番とされる『勧進帳』。その脚本が読めるとは嬉しや。源義経が奥州へ向かっているという情報を得て警戒する安宅の関守たち。義経と見做した者の首を晒す関守に対し、主君が関を越えるのを邪魔するなら一戦見える事も辞さない覚悟の義経一派。一触即発の状況下での義経・弁慶の機転と疑いを突き付ける関守との応酬はスリリングだ。特に弁慶の心の血を流しつつも主君を助ける為の機転、その心を汲む義経との遣り取りには漢泣き。そして悟りながらも義経一派を逃す富樫の心は人として、主君の為に真の忠義を為す者への敬意に満ちていた。2021/06/12

uburoi

2
2017年12月に高麗屋三代襲名というのがあった。翌年の正月は襲名公演で十代目幸四郎が弁慶を演じて、富樫が吉右衛門だった。染五郎は義経。その公演の録画があったものだから、舞台観ながら台本を照らして読んだのだ。弁慶が酔って延年の舞を踊る時に「舞延年の時の和歌」と字幕にあったが、本書では「和歌」が「若」とある。岩波古典文学体系98の「歌舞伎十八番」「勧進帳」が底本で郡司先生の解説もまんま掲載されているのが嬉しい。詳細な演出注が労作で、幸四郎の舞台で必ずしもこれに従わないところを探すのもまた愉しみ。2021/11/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17908705

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。