岩波ブックレット<br> 「エネルギー自治」で地域再生!―飯田モデルに学ぶ

個数:

岩波ブックレット
「エネルギー自治」で地域再生!―飯田モデルに学ぶ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年07月30日 19時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 75,5/高さ 21cm
  • 商品コード 9784002709260
  • NDC分類 501.6
  • Cコード C0336

出版社内容情報

再生可能エネルギー普及で先進的な飯田市を事例に、地元で再エネ事業を担う中で住民自治力が育つことを示す。

内容説明

再生可能エネルギーへの投資が加速している。しかし、再エネ事業を大手企業が担っているのでは、集中型の電力供給システムの形は変わらない。本書では再エネ普及で先進的な長野県飯田市を取り上げ、地元で分散型の再エネ事業を担うことの重要性と、事業推進の過程で地域の住民自治力が涵養されることを指摘する。再エネ事業をハード面だけでなく、ソフト面とも一体のものとして分析し、将来の方向性を指し示す。

目次

1 再生可能エネルギーで地域再生を(買取制度がもたらした再エネの急速な普及;「集中型システム」から「分散型システム」へ;再エネによる地域再生という可能性)
2 「おひさま進歩」と飯田市の後押し(おひさま進歩の誕生から現在まで;再エネを支援する地方自治体;他地域の「エネルギー自治」の試みと、その飯田市との比較)
3 「エネルギー自治」で住民の自治力を育てる(太陽光ビジネスと「公民館」の関係;飯田の地域自治組織と「自治力」の涵養;「エネルギー自治」の実践による自治力強化)
4 おひさま進歩エネルギー・原亮弘社長インタビュー

著者等紹介

諸富徹[モロトミトオル]
1968年生まれ。京都大学大学院経済学研究科博士課程修了。現在、京都大学大学院経済学研究科教授。専門は環境経済学・財政学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。