ヨーロッパ史入門
市民結社と民主主義 1750‐1914

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 151,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000272049
  • NDC分類 361.6
  • Cコード C0322

内容説明

市民の自発的な意思にもとづく社交団体が民主主義を支えるアメリカに対して、権威主義的で国家中心的なヨーロッパ―トクヴィルの『アメリカのデモクラシー』に起源を発するこうした捉え方とはうらはらに、啓蒙の時代以降、西欧のみならず東欧・ロシアをふくむヨーロッパ全域では、道徳向上と社交を目的に掲げたクラブや協会、フリーメイソンなどの団体が次々と登場して活発な活動をくりひろげていた。市民たちのアソシエーションを軸にヨーロッパ近代史の新たな鳥瞰図を描きだし、市民社会の歴史に再考をせまる画期的な著作。

目次

序章 民主主義と市民結社
第1章 社交のための結社―ボストンからペテルブルクにおよぶ啓蒙時代の社交
第2章 親密さと排除―一九世紀初めのブルジョワの情熱
第3章 結社好きな国民―ナショナリズムの時代における民主主義の実践
第4章 大衆文化、大衆政治―「世紀末」の危機
終章 市民結社のパラドックス

著者等紹介

ホフマン,シュテファン=ルートヴィヒ[ホフマン,シュテファンルートヴィヒ][Hoffmann,Stefan‐Ludwig]
1967年生まれ。ドイツ近現代史。現在、ドイツのルール大学ボーフム近代史講座助手

山本秀行[ヤマモトヒデユキ]
1945年生まれ。ドイツ現代史・ヨーロッパ近代社会史。現在、お茶の水女子大学大学院教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。