マーケティング思考の可能性

個数:

マーケティング思考の可能性

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年03月08日 14時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 323,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000248129
  • NDC分類 675
  • Cコード C0034

出版社内容情報

マーケティング研究の系譜をたどり、一〇のテーマに沿ってさまざまなパラダイム間の関係を明らかにする。さらに、研究の基盤となるモノや歴史、情報などの社会的事実の実在性を問い直し、社会理論としてのマーケティング思考の可能性を探る。マーケティングを根源的・哲学的に捉え直して新たな地平を切り開く野心的な試み。

内容説明

マーケティング研究の系譜をたどり、一〇のテーマに沿ってさまざまなパラダイム間の関係を明らかにする。研究の基盤となるモノや歴史、情報などの実在性を問い直し、科学的な実証主義を超えた社会の理論としてのマーケティング思考の可能性を探る。マーケティングを根源的・哲学的に捉え直して、新たな地平を切り開く野心的な試み。

目次

序章 マーケティング研究における思考の系譜―偶有性の視点
第1章 マーケティング研究の伝統的パラダイム―必然性と他者性
第2章 ものに価値は内在するか―言語ゲームの理解
第3章 「現代マーケティング」は、歴史的必然か―偶有性の歴史観
第4章 環境分析の限界―関係に依存する情報
第5章 偶有的世界のマネジメント―現代経営戦略論が問いかけるもの
第6章 プロセスとしての競争―社会構築主義の視座
第7章 戦略の仮構される審級―パラドクスの隠蔽
第8章 流通革命論の系譜―実践は理論と現実を超える
第9章 小売業態概念のフロンティア―差異としての業態
第10章 商人の存在根拠再考―市場を創造する商人

著者等紹介

石井淳蔵[イシイジュンゾウ]
1947年生まれ。神戸大学経営学部卒業。同大学経営学部大学院博士課程単位修得。同志社大学商学部教授、神戸大学経営学部教授を経て、流通科学大学学長。商学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。