ポスト戦後政治への対抗軸

個数:

ポスト戦後政治への対抗軸

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 191p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000247610
  • NDC分類 312.1
  • Cコード C0031

内容説明

小泉、安倍政権で推進された構造改革は、戦後政治の枠組みを大きく変容させた。企業と富裕者の減税、規制緩和、民営化は強者の自由を解放する一方、平等化を阻害する。こうしたポスト戦後政治に対抗し、人間の尊厳を守るにはどうしたらよいのか。政治理念、政策枠組み、政党のあり方を根本から問い直す著者最新の論集。

目次

序 ポスト・デモクラシーとポスト戦後政治
1 九〇年代政治再編における左派の蹉跌
3 党改革の政治学
3 アカデミック・ジャーナリストとしての丸山眞男
4 右派論壇の不毛
5 統治機構の改革は政党政治をどう変えたか
6 改革政治の変容
7 平等をめぐる民意
結 二〇〇七参議院選挙の意味と政治の行方

著者等紹介

山口二郎[ヤマグチジロウ]
1958年岡山市生まれ。東京大学法学部卒。現在、北海道大学大学院教授。専攻は行政学・政治学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。