暴力の屈折―記憶と視覚の力学

個数:

暴力の屈折―記憶と視覚の力学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年11月21日 17時21分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 281p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000247535
  • NDC分類 104
  • Cコード C0010

内容説明

前世紀を上回る暴力と殺戮の予感に満ちた21世紀。私たちは犠牲者をいかに弔い、どういう距離感で状況をとらえればよいのか。著者は、現代の圧倒的な視覚文化やバーチャリティの問題と暴力とを、プリズムのように互いを通し「屈折」させて映し出す。ベンヤミン、アドルノから9.11まで、高名な思想史家が該博な知識と豊かな論理で展開する、刺激に満ちた一冊。

目次

慰めはいらない―ベンヤミンと弔いの拒否
父と子―ヤン・フィリップ・レームツマとフランクフルト学派
ホロコーストはいつ終わったのか?―歴史的客観性について
恩知らずの死者たち
バラの回心
ユニコーン殺人犯との文通
正義は盲目でなくてはならないのか?―法とイメージの挑戦
難破船へ潜る―世紀末の美的スペクタクル見物
天文学的な事後見分―光の速度と現実のバーチャル化
光州―虐殺からビエンナーレへ
宗教的暴力の逆説
恐怖のシンメトリー―九・一一と左翼の苦悩

著者紹介

谷徹[タニトオル]
1985年慶応義塾大学大学院文学研究科哲学専攻博士課程単位取得退学。現在立命館大学文学部教授

谷優[タニユウ]
1986年慶応義塾大学大学院文学研究科哲学専攻博士課程単位取得退学。現在翻訳家