フィリピンと対日戦犯裁判―1945‐1953年

個数:

フィリピンと対日戦犯裁判―1945‐1953年

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2018年07月17日 20時51分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 435,/高さ 21cm
  • 商品コード 9784000246545
  • NDC分類 329.67
  • Cコード C3021

内容説明

フィリピンにおける日本軍の残虐行為の捜査が本格化した一九四五年から、国交が回復されない中、モンテンルパのBC級戦犯全員が釈放された一九五三年までの八年間、アジア・太平洋戦争をめぐって日比両国は何を考え、どのように向き合ったのか。膨大な一次資料とインタビューに基づいて、戦後日比関係の出発点となった対日戦犯裁判のプロセスを明らかにし、その歴史的な意味を再考する。

目次

第1章 日本軍による残虐行為の衝撃―高まるフィリピンの対日告発の機運(ワシントンの戦争犯罪局;フィリピン戦線での捜査活動;フィリピン人の怒りの原像)
第2章 「敗者の裁き」という隘路―敗戦直後の日本側戦犯政策とフィリピン問題(東久迩宮内閣の戦犯政策;政権交代と幣原内閣の立場;本間雅晴中将の処罰問題;「敗者の裁き」の幕引き)
第3章 フィリピンから見た東京裁判―被占領体験を伝え、忘却に抗する(フィリピンの参加経緯と判検事;ロペス検事の来日と初期行動;東京裁判の判決とフィリピン)
第4章 フィリピン軍による戦犯裁判―モンテンルパのBC級戦犯の軌跡(対日戦犯処理への着手;フィリピン軍の戦犯裁判;モンテンルパの日本人戦犯たち;戦犯釈放の政治力学)

著者等紹介

永井均[ナガイヒトシ]
1965年生まれ。立教大学文学部卒業。立教大学大学院文学研究科博士課程後期課程満期退学。博士(文学)。現在、広島市立大学広島平和研究所講師。論文に「連合国民間人抑留者の戦争」(『岩波講座アジア・太平洋戦争』第4巻、岩波書店、2006年)、「戦争犯罪人に関する政府声明案」(『年報日本現代史』第10号、2005年)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

日本の敗戦からモンテンルパのBC級戦犯全員が釈放された1953年までの8年間、アジア・太平洋戦争をめぐって日比両国は何を考え、どのように向き合ったのか。戦後日比関係の出発点となった対日戦犯裁判のプロセスをたどる。