朝日文庫<br> 声 〈1〉 1945~1947

朝日文庫
声 〈1〉 1945~1947

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 355p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784022602817
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0136

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

にゃん吉

0
朝日新聞の投稿欄に採用された投書集。戦争末期の、本土決戦での戦勝を期する投書(昭和20年8月15日付けで掲載された決戦に向けた投書もあり)から始まり、戦後の、食糧難、生活苦、復興への希望、若者への嘆き、封建的農村、種新旧の価値観の種々の対立。新聞と文庫の掲載のニ段階で取捨選択されているので、本書掲載の投書がこの時代の全てではないのでしょうが、物情騒然とした世相が生々しく綴られています。谷崎潤一郎、志賀直哉など著名人の投書も多いのですが、やはり、名もなき人々の声が時代の雰囲気をよく伝えています。     2019/03/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/171796

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。