文学の読み方

個数:
  • ポイントキャンペーン

文学の読み方

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 221,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000246477
  • NDC分類 901
  • Cコード C0090

内容説明

30年間の批評理論の激動を踏まえて、「文学とは何か」「今、なぜ文学を読むことが必要なのか」「文学はいかに読むべきか」を、理論と具体的なテクストの読みをリンクさせながら解説。アリストテレス、ホメロス、デフォー、ヘンリー・ジェイムズ、ドストエフスキー、プルースト、ブランショ、デリダ、クッツェー、トロロープなどの多彩な文学世界を、作品を読み込んでいない読者にも理解できるよう、できるだけ具体的な文例を軸にして分析。平易な叙述で作品の読み方とその面白さを説きつつ、文学の本質的問題に鋭く迫る。キーワードを挙げながらの説明は“現代思想と文学”への手引きともなっており、米国の脱構築的批評理論の第一人者によるまたとない文学入門である。

目次

第1章 文学とは何か
第2章 バーチャル・リアリティとしての文学
第3章 文学の秘密
第4章 なぜ文学を読むのか
第5章 文学の読み方
第6章 比較による読み方、あるいは骨折り損をすること

著者等紹介

ミラー,J.ヒリス[ミラー,J.ヒリス][Miller,J.Hillis]
1928年米国ヴァージニア州生まれ。オバーリン・カレッジ(物理学専攻)卒業後、ハーヴァード大学で文学に転向し、修士号と博士号を取得。ジョンズ・ホプキンズ大学、イェール大学を経て、1986年以後、カリフォルニア大学アーヴァイン校教授として教鞭をとり、英文学および比較文学を講じる。現在、同大学名誉教授。フランスのポスト構造主義哲学者ジャック・デリダの思想をアメリカに紹介。その影響下に独自の脱構築批評理論を形成。ポール・ド・マン、ハロルド・ブルーム、ジェフリー・ハートマンらとともに「イェール学派」の一人として活躍する批評家・理論家

馬塲弘利[ババヒロトシ]
1948年生まれ。九州大学大学院文学研究科博士課程修了。現在、福岡女子大学文学部および大学院教授。専攻はアメリカ文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。