フセイン・イラク政権の支配構造

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 342p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000246170
  • NDC分類 312.281
  • Cコード C0031

出版社内容情報

イラク政治研究をリードする著者による,フセイン政権研究の決定版となる著作.中枢を担うエリート層の実態から,国内の経済政策,民衆の人心掌握術に至るまで,最新の情報を盛り込みながら政権を支えるシステムを読み解く.

内容説明

イラク政治研究をリードする著者による、これまでのフセイン政権研究の決定版となる書。「フセイン大統領による個人支配」という側面のみに目を奪われることなく、与党バアス党による党支配の実態も視野に入れ、閣僚や国民議会議員などの政治エリート集団がどのように構成されてきたかを詳細に分析する。さらにバアス党の経済政策や、政権が「イラク・ナショナリズム」を大衆に植え付け、どのような論理で国民統合を行なおうとしているのかなど、最新の情報を盛り込み、さまざまな角度からフセイン体制を支えているシステムを解明する。

目次

第1部 政治エリートたち―バアス党、軍、官僚、そして部族(一党独裁から大統領個人崇拝へ―湾岸戦争までの政権閣僚構成;大統領親族の盛衰―湾岸戦争と経済制裁を耐える;「政治参加」の第一歩―フセイン政権下の国会議員)
第2部 はじき出された人たち―バアス党政権下の社会経済政策(地方の貧困、都市の貧困―南部農民の懊悩;怒れる若者たち―バアス党の青年動員とイスラーム運動)
イラクであること、アラブであること―フセイン政権の国民統合論理

著者等紹介

酒井啓子[サカイケイコ]
1959年生まれ。東京大学教養学部教養学科卒業。英ダーラム大学(中東イスラーム研究センター)修士。現在、アジア経済研究所主任研究員。専攻はイラク政治研究
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Kenji Suzuya

0
2003年のイラク戦争の直前に出版された、タイミングとしては奇跡の本。とはいえ内容は既発表論文の再録。政権を担う勢力の出自分析が前半のメインであり、フセインの出身地ティクリート出身者が優遇されるという通説に対し、あくまでフセインの親族であるに過ぎないと反論。後半は地方開発や若者対策。 全体としては良い方だが、統計分析手法については疑問。2012/07/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/265580

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。