ファンタジーの魔法空間

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 284p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000246156
  • NDC分類 909.3
  • Cコード C0098

出版社内容情報

『ハリー・ポッター』や『指輪物語』のブームをきっかけに注目を集めるファンタジー.トールキンなどの古典から現代に至る様々な作品中に描かれる「現実とは異なる世界=魔法空間」を手がかりに,世界を真に理解するための文学としてのファンタジーの魅力を解き明かす.

内容説明

『ハリー・ポッター』や『指輪物語』のブームをきっかけに注目を集めるファンタジー。大人まで惹きつけてやまないその魅力とは何だろうか。トールキン『指輪物語』、ルイス『ナルニア国ものがたり』、ル=グウィン『ゲド戦記』、エンデ『はてしない物語』などの名作から、ローリング『ハリー・ポッター』やマクニッシュ『レイチェルと滅びの呪文』まで、様々な作品の中に描かれる「不思議な空間=魔法的な空間」を切り口にファンタジーの魅力をわかりやすく解き明かす。

目次

1 「家」のファンタジー(空間を生きるということ 『危険な空間』;家屋の神話学 『台所のマリアさま』;家屋と視線の織りなす「推理小説」 『サティン入江のなぞ』)
2 「旅」のファンタジー(旅の物語―二重化される時間、いまここの空間 『指輪物語』『ホビットの冒険』;死後の時間―閾を越えて 『ミオよわたしのミオ』『はるかな国の兄弟』;編集される時空間―博物館と美術館 『クローディアの秘密』『鏡のなかのねこ』)
3 「魔法」のファンタジー(自己と世界を手なずける―命名と呪文 『ゲド戦記』『エルリック』シリーズ『はてしない物語』『魔法の学校』;描かれる魔法―機能の物象化 『ハリー・ポッターと賢者の石』『ふしぎをのせたアリエル号』『妖魔の騎士』『スピリット・リング』;「進化」する魔法―魔法ファンタジーの諸相 『レイチェルと滅びの呪文』『マインド・スパイラル』シリーズ『ペギー・スー魔法の瞳をもつ少女』『ライアルと5つの魔法の歌』『ナルニア国ものがたり』)

著者等紹介

井辻朱美[イツジアケミ]
1955年生まれ。東京大学人文系大学院比較文学比較文化専攻修了。白百合女子大学文学部児童文化学科助教授。長年翻訳家としてファンタジーの日本への紹介につとめてきた。歌人、ファンタジー作家でもある
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

米村こなん

0
研究会(24回)にて講読。2016/03/09

おちこち

0
「家」、「旅」、「魔法」のファンタジーを作品ごとに分析した評論。一つ一つの作品分析がとても丁寧で面白かった。既読の作品に対してはこんな読み方があるのかと思った。2011/06/19

小瑠璃

0
卒論のために。普通の読み物としても、十分おもしろいと思います。ファンタジーはもちろん、日常とは少し違う場所が舞台な物語が好きな人は楽しめるんじゃないでしょうか。

くろなつ

0
ファンタジーの「家」「旅」「魔法」の3つの章に分けて解説した本。ふむふむ、なるほど。と深く考えていくきっかけになりそう。1章ではちょっとカタカナ語も多かった気はするが。2010/08/31

shimo775

0
「家のファンタジー」「旅のファンタジー」「魔法のファンタジー」の全三章からなる、ファンタジーの魔法と空間を論じる一冊。ファンタジーにおける魔法という装置に関する論を読んでみたかったため、三章→二章→一章という順番で読んだ。正直に言えば、章毎の面白さも読んだ順と同じかなという感想である。目的を魔法に絞って読んだからかもしれないが、幾つもの例示をしつつ「魔法」という言葉の持った意味の遍歴や効果の論が読めて楽しかった。また古典的なファンタジーフィクションを挙げているため、本書でそれらにも興味を持てた気がする。2010/08/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/467573

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。