私の夫は高次脳機能障害です―本人・家族がおだやかに暮らすための妻たちの知恵 夫の行動研究から

個数:

私の夫は高次脳機能障害です―本人・家族がおだやかに暮らすための妻たちの知恵 夫の行動研究から

  • ウェブストアに11冊在庫がございます。(2021年12月01日 08時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 159p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784263237458
  • NDC分類 369.27
  • Cコード C3047

内容説明

私の夫命は助かりましたが、脳は助かりませんでした…家族と医療職・福祉職に知ってほしい、入院中にはみえてこない日常と困りごと。

目次

第1章 高次脳機能障害のこと(「高次脳機能障害」は、さまざまな症状の総称です;脳の各部の働きと高次脳機能障害をまとめましょう ほか)
第2章 夫の受傷からずっと走り続けている妻たち(事例1 いっしょに笑いたいのに夫は別の時間を生きている…寂しいけれど必要だった距離;事例2 障害は軽いけれど夫も私も生きにくい…夫と妻それぞれの葛藤 ほか)
第3章 夫とおだやかに暮らす知恵 夫の行動研究から(日常生活編;人とのかかわり編 ほか)
第4章 ケアする人をケアする 妻の会から「ポロミナ」へ(しだいにみえてくる障害と困りごと;ケアする人をケアすること ほか)
第5章 家族支援のかたち(家族とともに歩んで;家族を応援して ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

りお

4
命は助かりましたが脳は助かりませんでした。という表紙の文章が衝撃的だった。見た目は全く変わらないのに人が変わったかのようになってしまう。家族からしたらとても辛い。2021/03/20

こゆき

1
高次機能障害は、簡単に言うと脳のキズ… 命は助かるが人が変わったかのようにみえる。理解するには並大抵なことではないだろう。2021/01/08

海戸 波斗

1
帯の「命は助かりましたが脳は助かりませんでした。」って衝撃的だわ。夫が稼ぎ頭だから支える妻の本のみなのかな?上野先生、ここにもフェミニズムの考えを当てはめて下さい。2020/10/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16529244

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。