文学の森<br> ラブ・ウール100%

電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

文学の森
ラブ・ウール100%

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 224p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784577041130
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8093

内容説明

ぐうぜん図書室で手にとった、ラブラブだらけの編み物の本にみちびかれて、あたしは、魔法使いのようなモヘア先生と、十二ひきのねこたち、そして、みんなに出会った―一歩ふみだす勇気がもらえる物語。

著者等紹介

井上林子[イノウエリンコ]
1977年兵庫県に生まれる。梅花女子大学児童文学科卒業後、会社勤務をへて、日本児童教育専門学校の夜間コースで学ぶ。『あたしいいこなの』(岩崎書店)で第5回創作絵本コンテスト文部科学大臣奨励賞、『宇宙のはてから宝物』(文研出版)で第40回児童文芸新人賞を受賞

のだよしこ[ノダヨシコ]
1980年大阪府に生まれる。大阪芸術大学卒業後、イタリア・ボローニャの芸術大学で学ぶ。2007年、2010年にボローニャ国際絵本原画展入選。イタリアを拠点にイラストレーターとして活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

takaC

69
今月の kumori で展示されていて読み始めその後自分で借りて読んだ。中学生のお話だけど大人も楽しめる。ランランマフラーの章はかなり不意打ちなので要注意。2018/01/27

ぶんこ

56
掛け値無しに面白かったです。秋深まる頃に関西に転向してきたアミコ。クラスに親しい友達が出来ず、元の中学での親友きゅうちゃんからの手紙がお守り。その大事なお守りが風にさらわれ、追いついた先が図書室で、そこで偶然手に取った編み物の本。裏表紙に書かれていた編み物教室に行った事から、楽しい毎日となっていきます。モヘア先生のお店で出会った4人が仲良くなっていくのも可愛いし、部活のようと思ったら、モヘア先生のお店が閉まる春夏には天文部としての部活。素敵すぎる。イラストも猫ちゃんたちも可愛い。可愛さ、ほんわか感満載。2017/02/22

しょこ

43
のだよしこさんのイラストがかわゆい♡物語もほんわり温かく大満足~。煙突のある赤い三角屋根のレンガのお家。その中には暖炉があって、12匹の猫と香り立つ紅茶。そして、広がる編み物&毛糸の世界。これは、特に猫好きで手芸が好きだった…“自分の好きなこと”が分かり始めた小学生の頃に出会いたかったわ~。今、こうして手にできてラッキーなのに、欲張りなもんだ(^_^;)春目前…編み物の季節は終盤の時期だけど、思わず何か手にしたくなっちゃう、編み編みしたくなっちゃうそんな一冊だった☆2017/03/09

キラ@道北民

40
読友さんのレビューから手に取りました。転校先の図書室で手に取った編み物の本に導かれ、ふしぎでステキな毛糸屋さんで繋がる仲間のお話。今の時期にぴったり!毛糸、暖炉、猫、紅茶・・・ぬくぬくでふわふわな温かい気分に満たされました。2017/02/28

mincharos

36
転校で親友のきゅうちゃんと離れ離れになってしまったアミコ。そんな寂しい気持ちを紛らわす為にも、図書館でたまたま見つけた編み物の本に載っていた「世界にふたつだけ、大親友とおそろいランランマフラー」を編むことに。編み物のモヘア先生、その生徒であり友達となったピチコ、羊介、きよかちゃんと関わっていく中で、新しい環境にも慣れ楽しい毎日に。ピチコと羊介のそれぞれのキャラクターがとにかくよくて。可愛いお話でした。私も高校生の頃に彼氏に手編みのマフラー贈ったなぁと懐かしく。モヘア先生のサンタクロース話が素敵だった!2020/05/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7799865

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。