秘密解除 ロッキード事件―田中角栄はなぜアメリカに嫌われたのか

個数:
  • ポイントキャンペーン

秘密解除 ロッキード事件―田中角栄はなぜアメリカに嫌われたのか

  • 奥山 俊宏【著】
  • 価格 ¥2,090(本体¥1,900)
  • 岩波書店(2016/07発売)
  • ブラックフライデー全点ポイント5倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 95pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年11月28日 16時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 294,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784000245265
  • NDC分類 326.21
  • Cコード C0031

出版社内容情報

田中角栄はアメリカの虎の尾を踏んだのか?秘密指定が解除された新資料をもとに、新たな視点から謎に迫る。

内容説明

田中角栄逮捕はアメリカの虎の尾を踏んだためか?三木武夫首相は、事件にどのように対応したのか?CIAと児玉誉士夫の関係。チャーチ小委員会はどこまで真相に近づいたのか?…アメリカで発掘した文書をもとに、新たな視点からロッキード事件を見直す。

目次

第1章 アメリカ政府はなぜ田中角栄を嫌ったのか?―田中逮捕を「奇跡」と喜んだのはなぜか?
第2章 中曽根事務所から「米政府ハイレベルの圧力」
第3章 ニクソン大統領辞任から田中逮捕へと連鎖―ウォーターゲート事件の風
第4章 中曽根幹事長から米政府首脳へのメッセージ
第5章 三木首相「自民離脱、信問う」示唆、米政府に密使
第6章 CIAから「日本の政党」への資金提供と児玉誉士夫
第7章 日本に米国製兵器を売り込むために
第8章 日本政府高官への黒いカネを暴いて急ブレーキ―チャーチ小委員会の消滅
第9章 考察―本当に「田中角栄は虎の尾を踏んだ」のか?

著者等紹介

奥山俊宏[オクヤマトシヒロ]
朝日新聞編集委員。1966年、岡山県生まれ。1989年、東京大学工学部卒、朝日新聞入社。水戸支局、福島支局、東京社会部、大阪社会部などを経て特別報道部(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぐうぐう

14
先日、NHKで放映された『未解決事件 File.05 ロッキード事件』第3部では、真の目的が対潜哨戒機P3C購入をめぐるものではなかったかとする疑惑を追求していたが、奥山俊宏の『秘密解除 ロッキード事件』は、アメリカ側から事件の真相に迫る。「田中角栄はなぜアメリカに嫌われたのか」というサブタイトルから、事件発覚当時より指摘されていた、石油取引外交で、また日中国交正常化でアメリカを刺激してしまい、つまり角栄がアメリカの虎の尾を踏んだことにより、(つづく)2016/08/08

かんがく

9
新聞記者が書いたとは思えないほど文章が読みづらい。なかなか事実関係を読み取れず、読むのに苦労した。ロッキード事件に関する日米双方の資料が豊富に載っているのは良かったが、全体像は全くわからなかった。2018/08/27

takao

7
☆田中はアメリカの虎の尾を踏んだわけではない。最初から信頼されていなかった。 ☆むしろ、その後の政治家がアメリカよりになったのではないか。2017/05/23

mushoku2006

7
どうやら「虎の尾を踏んだ」説は、 根拠のない陰謀史観の類のようだ。 しかし、田中角栄がキッシンジャーに嫌われていたのも事実のようだ。 その理由は田中の「人となり」、リーク癖と言うべきもののせいだったようだが。 また、著者が指摘している通り、 「虎の尾を踏んだ」説を多くの政治家が信じた結果、 またCIAからの資金を受け取っていた結果、 それとなくアメリカの国益にかなうように政治を行っていた可能性は否定できないな。2016/09/17

キミ兄

6
びっくりするような新事実はないのだが、あったことと無かったことに限りなくちかづいて、それが日本の政治に与えた影響を浮き彫りにしている。労作。ロッキード事件から50年後になる10年後にも期待。☆☆☆。2018/05/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11107383

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。