内村鑑三の人と思想

個数:

内村鑑三の人と思想

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年06月19日 21時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 301p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000222235
  • NDC分類 198.99
  • Cコード C0023

出版社内容情報

「普遍」を掲げる思想を抱いて日本近代を駆け抜けた,稀有な精神の軌跡を描く本格評伝.「キリスト愛国」の理想とその挫折,一高不敬事件以後の孤立と貧困の中でつかんだ「信仰義認論」という回心の形,義戦論から不戦論への転換と晩年の終末論的再臨思想……難問から逃げることなく,常に変わり続けた「当たり前」の生涯を描く.

内容説明

内村鑑三の波瀾の生涯を、忠実かつ綿密に再現する。「キリスト愛国」の理想とその挫折、一高不敬事件後の孤立と貧困のただ中でつかんだ新しい世界観、義戦論から不戦論への転換と、晩年の宇宙的終末思想…難問に直面して逃げることなく、常に究め続けた生の軌跡を描く。

目次

序章 維新変革と二生
第1章 日本のキリスト教文明化(神々の衝突;札幌農学校のキリスト教;札幌教会の設立;共同体の破綻;エルウィンの施設体験;アマスト大学生活;キリスト教国の決算)
第2章 世界の中の日本(キリスト愛国と不敬事件;挫折と慰め;日本と日本人;日本の改革;義戦と非戦;隠者と植樹)
第3章 宇宙完成の祈り(世界の危機;再臨思想と再臨運動;万物の復興と宇宙の完成)
終章に代えて 「心の灯台内村鑑三」の意味

著者等紹介

鈴木範久[スズキノリヒサ]
1935年生まれ。専攻は日本宗教史。立教大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。