岩波講座 日本の思想〈第3巻〉内と外―対外観と自己像の形成

個数:
  • ポイントキャンペーン

岩波講座 日本の思想〈第3巻〉内と外―対外観と自己像の形成

  • 苅部直/黒住真
  • 価格 ¥4,180(本体¥3,800)
  • 岩波書店(2014/02発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 76pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年12月15日 01時55分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 284p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784000113137
  • NDC分類 121.08
  • Cコード C0310

内容説明

日本の「内」と「外」とをめぐる思考は、どのように交差し変容してきたのか。他の地域との交流を通して育まれた「日本」の自己像と、外側にひろがる世界への意識の変遷を考察する。

目次

1 「内」と「外」の思想史(「辺土」を抱きしめて;小さな「中心」への希求とその後)
2 「日本」という自意識(海を渡った人びと;「日本」の自画像;西洋人のみた日本)
3 異化と同化のはざまから(教養としての中国―規範の鑑と蔑視の対象の間で;西洋崇拝とアジア主義;アジアの脱植民地かと帝国日本―タゴール・ブームと野口米次郎;多民族国家日本)
古典を読む(新井白石『読史余論』;会沢正志斎『新論』;和辻哲郎『風土』)