岩波科学ライブラリー
脳の中身が見えてきた

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 108p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000065993
  • NDC分類 491.371
  • Cコード C0345

内容説明

記憶や学習をはじめとした脳の働きが、遺伝子の言葉で語れるようになってきました。人は物事をどのように学び、どう利用していくのでしょうか。こうした活動に関係する物質が明らかにされつつあります。それらが、脳の回路網や、その制御の仕組みとどう関係しているのか。当代を代表する三人の脳科学者が、やさしく語ります。

目次

1 二一世紀の脳科学
2 脳の設計図は読めるのか―脳科学の夢
3 学習と記憶にせまる
4 脳の理論を求めて

著者等紹介

甘利俊一[アマリシュンイチ]
1936年生まれ。独立行政法人理化学研究所脳科学総合研究センター長

伊藤正男[イトウマサオ]
1928年生まれ。独立行政法人理化学研究所脳科学総合研究センター特別顧問

利根川進[トネガワススム]
1939年生まれ。マサチューセッツ工科大学学習と記憶センター所長
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。