ジャン・ニコ講義セレクション<br> 意味と目的の世界―生物学の哲学から

個数:

ジャン・ニコ講義セレクション
意味と目的の世界―生物学の哲学から

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年04月18日 23時32分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 361,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784326199570
  • NDC分類 461.1
  • Cコード C3310

内容説明

進化論の観点から、“心”と“言語”と“生物”を統一的に理解する。現代哲学に新しい理論の地平を開く、自然主義の力強く透徹した思索。

目次

第1部 目的とその食い違い(人間の目的とその食い違い;ミームの目的とその食い違い)
第2部 自然的記号と志向的記号(局地的自然記号と情報;自然的記号における生産性と埋めこみ ほか)
第3部 外的な志向的記号(言語記号は自然的記号から出現する;言語を介した直接知覚 ほか)
第4部 内的な志向的記号(内的なオシツオサレツ;対象の表象を分離する ほか)

著者等紹介

ミリカン,ルース・G.[ミリカン,ルースG.][Millikan,Ruth Garrett]
1933年生まれ。1969年、エール大学にて博士号を取得。コネチカット大学名誉教授

信原幸弘[ノブハラユキヒロ]
1954年、兵庫県生まれ。1983年、東京大学大学院理学系研究科科学史・科学基礎論専攻博士課程単位取得退学。東京大学大学院総合文化研究科助教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

進化論の観点から、<心>と<言語>と<生物>を統一的に理解する。現代哲学に新しい理論の地平を開く、カ強く透徹した思索。

その生物の存続を可能にしてきた機能を指す「固有機能」という概念を軸として、生物における「目的」と「意味」の様相を開示し、心や言語を含めた生物の諸現象を包括的な観点から捉える。心の哲学・言語哲学・生物学の哲学にわたって顕著な業績をあげてきたミリカン哲学のエッセンスを、豊富な具体例によってわかりやすく展開する。

[関連書] 『シリーズ心の哲学Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ』 (勁草書房刊)




 第Ⅰ部 目的とその食い違い

第1章 人間の目的とその食い違い

第2章 ミームの目的とその食い違い

 第Ⅱ部 自然的記号と志向的記号

第3章 局地的自然記号と情報

第4章 自然的記号における生産性と埋めこみ

第5章 目的意味論

第6章 志向性

第7章 内包性

 第Ⅲ部 外的な志向的記号

第8章 言語記号は自然的記号から出現する

第9章 言語を介した直接知覚

第10章 慣習的記号の領域を追跡する

第11章 意味論と語用論の区別のさまざま

第12章 直示詞、指標詞、およびもう少し記述について

 第Ⅳ部 内的な志向的記号

第13章 内的なオシツオサレツ

第14章 対象の表象を分離する

第15章 空間と時間

第16章 目標状態表象を分離する

第17章 目標状態表象を生成する

第18章 動物の思考の限界

第19章 人間の思考をめぐる推測


訳者解説
参考文献
索引