ズレずに生き抜く―仕事も結婚も人生も、パフォーマンスを上げる自己改革

個数:
電子版価格 ¥1,119
  • 電書あり

ズレずに生き抜く―仕事も結婚も人生も、パフォーマンスを上げる自己改革

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年05月22日 03時36分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 214p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784163910246
  • NDC分類 159
  • Cコード C0095

内容説明

うまくいかない、おかしい、腹が立つ。仕事、会社、人生、社会でズレているのは自分?それとも…?文春オンラインの人気著者発。時代と自分のズレを認識し希望に変えるための必読書!

目次

第1章 仕事観のズレ―組織のありようが変わる中何を道しるべに生きていくのか
第2章 人生観のズレ―上手くいこうが失敗しようが納得できる人生にする
第3章 企業観のズレ―いまある組織が未来永劫青天井に成長していくことはない
第4章 世代観のズレ―現役世代が未来のために受け入れなければならないこと
第5章 結婚観のズレ―この時代の結婚にまつわる男の問題、女の問題
第6章 時代観のズレ―不寛容社会で生きていくために

著者等紹介

山本一郎[ヤマモトイチロウ]
1973年東京都生まれ。個人投資家、作家。慶應義塾大学法学部政治学科卒。一般財団法人情報法制研究所上席研究員。IT技術関連のコンサルティングや知的財産権管理、コンテンツの企画・制作に携わる一方、高齢社会研究や時事問題の状況調査も行なっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

徒花

129
ビミョー。タイトルとか装丁からもうちょっと実用的な感じの内容かと思ったけど、普段通りの山本一郎氏で、文春オンラインで連載していたものを加筆修正してまとめたエッセー。決しておもしろくないわけではないんだけど、だからといってエンターテイメントとして楽しめるわけでもないし、誰が読めばいいのかもよくわからないので、結果としてさほどオススメできないというかオススメのしようがない本。よほど暇なら読んでみたら楽しめるかもしれない。2019/08/31

えちぜんや よーた

102
世の中の出来事に一喜一憂せず、人の顔を見て右顧左眄をしないための指南書。仕事・人生・家庭などあらゆる局面において途中で投げ出せない40代半ばが世の中を「泳ぐ」ための方法が書かれている。山本さんと同じく40代の人が読んでも興味深い内容と思うが、20~30代の人にオススメ。もし20代のときにこの本を読んでいたら「何をジジくさいことを」と思ったかもしれない。年を重ねたからこそできる世渡りをする上でのヒントが詰まっていると思う。若い人は見習いなさいと説教じみたことを言わなくてもそのうち分かるよ。2019/07/29

おおたん

19
著者の表現が私個人的にはしっくりきて、読みやすかったです。著者の人生で気になる点や感じることなどが書かれています。本の説明が難しいですが、ビジネスパーソンなら、実感することやなるほどと思うことが多く、息抜きと知識の蓄積のために読んでおいていいと思います。◆プロジェクトは数字だけでなく、現場の仕事の流れを良く、仕組みを効率的にする◆カネがあれば、自分の欲求と見比べながら可能なことを実現できるようになる◆若さに依存する資産の減価償却の速さには驚きを禁じ得ません。◆社会的に許されることという容認量が減っている2021/09/22

はるわか

15
50代を超えて仕事で声がかかる人は「最新の知識のアップデートに加えて、惜しみない試行錯誤の労力をかけことが大事だと理解して実践している」。プロジェクトとは単に数字を目指すのではなく、現場の仕事の流れを良くし稼ぐための仕組みをどれだけしっかり効率的に回せるかを考えて進める必要がある。「自分は無知である」という謙虚さを欠くから起こる炎上。無駄な努力を強いる組織というのは明確な目標が設定されていない。間違った努力をしないためには、なるだけ明確で合理的な目標とそれを実現するための方法論を考える必要がある。2019/07/23

ライクロフト

7
文春オンラインに掲載された記事からテーマに沿ったものをセレクトしたエッセイ集。安定した面白さ。50代以上の年配者に読ませたいな、と思ったりするエントリが目に付いたものの、そういう人はあんまり読んでないんだろうな。それにしても、父母父母介護と育児と仕事との合間を縫っての執筆とのこと、いくらスマホが活用できる時代とはいえ、さすがすぎると思う。2019/06/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13733411

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。