朝日文庫<br> 〈映画の見方〉がわかる本 ブレードランナーの未来世紀

個数:1
紙書籍版価格
¥1,089
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

朝日文庫
〈映画の見方〉がわかる本 ブレードランナーの未来世紀

  • 著者名:町山智浩【著者】
  • 価格 ¥999(本体¥909)
  • 朝日新聞出版(2024/06発売)
  • 青い空!白い雲!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~7/15)
  • ポイント 270pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784022651525

ファイル: /

内容説明

80年代、保守的で能天気なハリウッド映画に背を向けた映画作家たちは何を作っていたか?『ブレードランナー』『ターミネーター』など8本の映画を取り上げ、資料と監督自身の言葉を手がかりに、作品が真に意味するものを読み解く。映画評論の金字塔を復刊!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

cinos

36
「ビデオドローム」「グレムリン」「ターミネーター」「未来世紀ブラジル」「プラトーン」「ロボコップ」「ブレードランナー」は昔しっかり観ました。監督やスタッフの言葉を取り上げながら作品と時代を論じています。また見返したくなりました。「ブルーベルベット」だけ観てなかったです。2024/07/04

Go Extreme

1
デヴィッド・クローネンバーグ『ビデオドローム』―メディア・セックス革命 ジョー・ダンテ『グレムリン』―テレビの国から来たアナーキスト ジェームズ・キャメロン『ターミネーター』―猛き聖母に捧ぐ テリー・ギリアム『未来世紀ブラジル』―1984年のドン・キホーテ オリヴァー・ストーン『プラトーン』 デヴィッド・リンチ『ブルーベルベット』―スモール・タウンの乱歩 ポール・ヴァーホーヴェン『ロボコップ』―パッション・オブ・アンチ・クライスト リドリー・スコット『ブレードランナー』―ポストモダンの荒野の決闘者2024/07/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21980946
  • ご注意事項