講談社文庫<br> 暗黒館の殺人 全4巻合本版

個数:1
  • 電子書籍

講談社文庫
暗黒館の殺人 全4巻合本版

  • 著者名:綾辻行人【著】
  • 価格 ¥3,300(本体¥3,000)
  • 講談社(2024/03発売)
  • ポイント 30pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

蒼白い霧の峠を越えると、湖上の小島に建つ漆黒の館に辿り着く。忌まわしき影に包まれた浦登(うらど)家の人々が住まう「暗黒館」。当主の息子・玄児に招かれた大学生・中也は、数々の謎めいた出来事に遭遇する。十角塔からの墜落者、座敷牢、美しい異形の双子、そして奇怪な宴……。著者畢生(ひっせい)の巨編、全4巻合本版。

【収録作品】
『暗黒館の殺人(一)』
『暗黒館の殺人(二)』
『暗黒館の殺人(三)』
『暗黒館の殺人(四)』

ラストに差しかかる辺りでは、胸が詰まってしまった。胸中に、凡(すべ)ての妖しき館が次々に屹立し、そして次々に崩れ去って行った。冷静でいられる訳はなかった。
黒々とした暗黒館の廃墟の上に、私は何だか異様なもの――懐かしいような、切ないような、そしてどうしようもなく愛おしいもの――を、幻視してしまったのである。――京極夏彦<文庫版第四巻巻末に収録の「特別寄稿◆暗黒館の諸相」より抜粋>