piccomics<br> 公爵夫人の秘密の執筆【タテヨミ】第30話

個数:1
  • 電子書籍

piccomics
公爵夫人の秘密の執筆【タテヨミ】第30話


ファイル: /

内容説明

長い間執筆をつづけているが、こんなに私の作品を好きでいてくれるファンに出会ったのは初めてだった。 「私が作家の“フィール”であることを明かすことは出来ないけど…何か恩返しがしたい!」 エリシャはドレスにそえていた手をゆっくりと伸ばした。 「その…良かったら…握手してあげましょうか?」 「エリシャ…?」 「それとも…ハグ…?」 その瞬間、公爵レサの瞳が揺らぎ始める。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数40件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす