まとめ抗菌薬 表とリストで一覧・比較できる、特徴と使い方

個数:1
紙書籍版価格
¥3,960
  • 電子書籍

まとめ抗菌薬 表とリストで一覧・比較できる、特徴と使い方

  • ISBN:9784758124133

ファイル: /

内容説明

人気X(旧Twitter)アカウント「新米ID」を運営する著者と,ヒットメーカー佐藤弘明先生がタッグを組んだ,要点がひと目でわかる抗菌薬の入門書!細菌・抗菌薬・感染症の3つの観点から知識が整理できる!

目次

【目次】
【第1章】感染症診療の原則まとめてみました
原則(1)患者背景を考えよ~患者を知る~
原則(2)感染源を同定せよ~感染巣はどこ?~
原則(3)原因菌を突き詰めよ~グラム染色と血液培養は重要~
原則(4)ドレナージを検討せよ~原因菌を排除せよ~
原則(5)投与時間と投与量を決めよ~抗菌薬の効果が最大となるよう投与する~
原則(6)治療期間を決めよ
治療中のアセスメント~臓器特異的な症状や細菌検査に着目せよ~
抗菌薬が効かない5つの問題
抗菌薬の最適化~definitive therapyとde-escalation

【第2章】臨床的に重要な細菌まとめてみました
1 グラム陽性球菌(GPC)
2 グラム陽性桿菌(GPR)
3 グラム陰性球菌(GNC)
4 グラム陰性桿菌(GNR)

【第3章】抗菌薬の使い方まとめてみました
1 ペニシリン系
2 セフェム系
3 カルバペネム系
4 アミノグリコシド系
5 キノロン系
6 マクロライド系
7 リンコマイシン系
8 テトラサイクリン系
9 ニトロイミダゾール系
10 ST合剤
11 グリコペプチド系
12 オキサゾリジノン系
13 リポペプチド系

【第4章】抗真菌薬の使い方まとめてみました
1 アゾール系
2 キャンディン系
3 ポリエン系

【第5章】感染症ごとの使い方、考え方
1 細菌性髄膜炎/2 急性副鼻腔炎/3 急性中耳炎/4 急性扁桃炎/5 市中肺炎/6 院内肺炎/7 急性胆嚢炎/8 急性腸炎/9 急性腎盂腎炎/10 性感染症(淋菌性尿道炎)/11 蜂窩織炎/12 壊死性筋膜炎/13 関節炎/14 感染性心内膜炎/15 カテーテル関連血流感染症

付録1 主な細菌感染症の治療期間
付録2 腎機能に合わせた投与量
付録3 妊婦と授乳婦への投与