カドカワデジタルコミックス<br> ぐだぐだ太閤伝ZIPANG

個数:1
紙書籍版価格
¥968
  • 電子書籍
  • Reader

カドカワデジタルコミックス
ぐだぐだ太閤伝ZIPANG

  • ISBN:9784041139578

ファイル: /

内容説明

ぐだぐだサーヴァント達の中でも異彩を放つ、太閤豊臣秀吉。彼とその主である織田信長の、そしてぐだぐだサーヴァント御一行様との謎と闘争と小ネタがここに集結!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

わたー

15
★★★☆☆いや、帝都はまだ「ぼくのかんがえたさいきょうのせいはいせんそう」だったので面白く読ませてもらったが、英霊召喚システムを使ったトンデモ戦国史は流石にキッツい。たとえそれが終盤にひっくり返るのだとしても。コハエースに求めているのは、ぐだぐだと雑談に興じている部分なので、次回は帝都関連ではなくそのあたりが描かれるといいなあ。2023/12/12

金目

8
2022年のFGOガチャを振り返る日記漫画……ではない。一応帝都聖杯奇譚zeroみたいな位置付けだけど、伏せ情報が多くてワケわからん。そのうちこっちもコミカライズされるのかしら。ぐだぐだメンツ、というより話の都合で織田家中とか伊勢新九郎とかいろいろ出てきたけど、この内でFGO実装されたのは信玄でした、は無難な所。景虎は鯖じゃなくて普通に人間なのに、実力無法すぎじゃないですかね。クロカンの頭よすぎてたまに馬鹿って案配と、小一郎の有能っぷりは好きなポイント。次の連載ではなにやるんでしょうね2023/12/19

にぃと

5
FGOアプリ内がぐだぐだイベ中なうちに読了。一部のキャラクターのデザインが違ってて面白い。戦国武将やサーヴァントが多数新規登場し、個人的なポイントとしては丹羽様のヴィジュアルお披露目ってところ。せっかくの舞台だし、是非とも登場人物の詳細や戦闘シーンなど読みたかったが、帝都同様ダイジェスト気味だったので、どこかでメディアミックスに期待したい。2023/12/16

コリエル

5
ぐだぐだイベントの余勢を駆って新刊も読む。とうとう秀吉の出番だが、宝具の真価含めてゲームの方での実装を待てって感じ? いまアツい武田上杉コンビも登場。伊勢新九郎に関しては古い解釈のままで扱われていて、現在の解釈で描かれたらまたキャラ変わるだろうな。2023/12/11

せんまいだ

2
やりたい放題経験値ワールド。作中で訳わかんねえとか言っちゃうの笑っちゃうんだよね。欄外コメントの誤植?で笑わせてからの爆速ダイレクトマーケティングには、僕はついてゆけるだろうか経験値の描く展開のスピードにって感じなんじゃよね。とりあえずVチューバーとガ◯ダムとフ◯ムへの愛は伝わりましたとも。2024/01/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21650783
  • ご注意事項