創元SF文庫<br> 内なる宇宙 下

個数:1
紙書籍版価格
¥1,100
  • 電子書籍
  • Reader

創元SF文庫
内なる宇宙 下

  • ISBN:9784488663353

ファイル: /

内容説明

ある日突然、人格が他者のものと入れ替わってしまう――奇異な現象が多発するジェヴレン社会に、ハント博士たちは直面した。人格変容の起こった者はアヤトラと呼ばれ、新興宗教の活動家となるか、完全に気が触れてしまうこともしばしばだった。しかし、彼らは決して精神に異常をきたしたわけではない。新たな人格が生まれる裏では、別の宇宙からコンピュータ・ネットワークを通じてデータが送り込まれているというが……。人類の想像を超えたところに存在する宇宙とは? ハント博士たちはジェヴレンを狙う“内なる宇宙”を阻止できるのか?/解説=永瀬唯/*本電子書籍は『内なる宇宙 下』(創元SF文庫 新装新版 2023年10月20日初版発行)を底本としています。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まちゃ

48
ハント博士たちが解き明かしたジェヴレン混迷の原因は、「内なる宇宙」。単なるサイバースペースものではない、巨大コンピュータシステム内部に偶発的に誕生した情報宇宙という発想に驚かされました。その異世界を排除するでも、隔離するでもなく、受け入れようとするテューリアン文明の寛容さに驚かされた。人類文明に対するある種のアイロニーかと。第5部も楽しみです。2023/11/19

本の蟲

11
仮想現実が主題のSFとして『マトリックス』より早い本作だが、さらに先の可能性まで踏み込んでいる。ジュヴレン社会で突如人格が変貌してしまう病状は、別宇宙(究極の仮想現実システムにおける情報宇宙内の情報生命)からの乗っ取りだった。前書きでもネタバレされているし、タイトルから察した人も多いのでは。我々が五感を通じて認識している世界も情報にすぎない話は、上巻でも語られている。人工(情報)生命の行き着く先。意識の芽生えとその人権については、今後も数多のSFで検証されていくのだろう2023/12/14

カイワレ大根

6
個人的には3巻目よりこちらの方が面白く感じる。初読で3巻目を読み終わった際には、後の物語の方向性を予想できたような気がしていたものですが、予想を遥かに超えてきた。同じシリーズでこれ程異なった視点から物語を展開できるとは。新版の表紙も良い。次は春の発売で待ち遠しい。2024/02/13

らいらい

2
星を継ぐものシリーズの4作目。上巻冒頭で筆者も述べているとおり、本来は3作で完結していたところを予定外に続編執筆したということで、やや異なる作風となっている。しかし、SFとミステリーを掛け合わせた星を継ぐものシリーズにおいてファンタジーの要素も掛け合わされたことは物語のおもしろさを拡張している。また、時代の進歩にあわせて情報工学と心理学を取り込んでいる点も進化といえるであろう。2024/03/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21449068
  • ご注意事項
 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす