藍色時刻の君たちは

個数:1
紙書籍版価格
¥1,980
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

藍色時刻の君たちは

  • 著者名:前川ほまれ【著】
  • 価格 ¥1,899(本体¥1,727)
  • 東京創元社(2023/07発売)
  • 春うらら!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~4/14)
  • ポイント 510pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784488028985

ファイル: /

内容説明

2010年10月。宮城県の港町に暮らす高校2年生の小羽(こはね)は、統合失調症を患う母を抱え、介護と家事に忙殺されていた。彼女の鬱屈した感情は、同級生である、双極性障害の祖母を介護する航平と、アルコール依存症の母と幼い弟の面倒を見る凜子にしか理解されない。3人は周囲の介護についての無理解に苦しめられ、誰にも助けを求められない孤立した日常を送っていた。しかし、町にある親族の家に身を寄せていた青葉という女性が、小羽たちの孤独に理解を示す。優しく寄り添い続ける青葉との交流で、3人が前向きな日常を過ごせるようになっていった矢先、2011年3月の震災によって全てが一変してしまう。2022年7月。看護師になった小羽は、震災時の後悔と癒えない傷に苦しんでいた。そんなある時、彼女は旧友たちと再会し、それを機に過去や、青葉が抱えていた秘密と向き合うことになる……。宮城県出身の現役看護師による、魂が震える傑作!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

夢追人009

306
初読み作家の前川ほまれさんは男性の方で本書に描かれる多くの女性たちの心理を繊細に綴られる筆力に感嘆しました。宮城県の港町で暮らす高校生の小羽。航平、凛子の仲良しの3人は家族の大人が病気であるせいで自分が中心になって家庭を支えるヤングケアラーだった。そんな苦しい毎日だったが東京からやって来た女性・青葉さんが三人を励まし助けてくれる。やがて東日本大震災が起きて津波が押し寄せ、全員の人生が激変するのだった。故郷を出て東京の街で懸命に頑張る三人、青葉さんの凄絶な過去の秘密。2023/09/13

いつでも母さん

186
お薦めです。前川ほまれさんは男性だったのね。この方の描く『死』は心に響く。宮城県の港町に暮らすヤングケアラー3人の震災前とそれから・・3人に寄り添った女性・青葉の存在。過去と現在が重く切ない。そしてその先に見える僅かな光が届く時、藍色の空と海がどんな言葉よりも祈りを強く強く感じさせる。「いつか、義務も後悔も手放して。あなたはあなたの人生を生きるのよ。」この言葉を必要とする人間が少しでも減りますようにと願う私だった。苦しい読書ではあったが沢山の方に読んで欲しい。是非!2023/09/05

hiace9000

143
何か始まる夜明けでもない、これで終わる日暮れでもない、どちらともつかぬ藍色に染まる時。ヤングケアラーの高校生3人はまさにそんな日々を過ごす。東京から来た女性、青葉の存在は彼ら彼女らに希望の火を灯す。そして悲劇の3.11が。人生は「津波てんでんこ」、バラバラになった3人は11年の時を経て偶然再会。地元から離れ、今なお苦悩を抱える彼らに、青葉の秘めていた過去は何を物語るのかー。悲嘆にも似た藍色の時をより鮮明に縁取るのは、ヤングケアラー当事者の家族に対する感情を、ありのまま受け止め描く真摯な姿勢。力ある作品だ。2023/09/07

モルク

124
宮城の港町に住む高2の3人。彼らは共に統合失調症、アルコール依存症などを患う家族を抱え、その介護をすると共に家事や生活に関すること全てを担っており所謂ヤングケアラーである。まだその言葉が一般に伝わっていない頃彼らは自分達がそうであるという認識もなく、ぶつける所もなく日々を過ごしていたが、それを教えてくれ、彼らを理解し助けてくれる青葉の存在が救いだったが…東日本大震災で一変する。東京で新たな人生を歩むも後悔は残る。自分達と被災された方の感情の温度差を感じる。所々の台詞が心に刺さる。2023/11/24

のり

116
「朝倉青葉」との出会いで男女3人の高校生達は心身共に救いあげられた。当時はヤングケアラーという言葉はなかった。しかし、現実では家族の世話に追われる彼等がいた。共通性もある3人は、当たり前の様に日々を送っていた。そこに「青葉」。しかし、東日本大震災が襲った。離れ離れになった彼等だが東京で再開。今抱える悩みと戦っていた。さらに一歩前進する為に故郷の宮城ヘ…これ程の重荷を背負い、青葉への想いも積もる。現役看護師の至福の一冊。2024/01/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21348753
  • ご注意事項