講談社学術文庫<br> 歴史学の始まり ヘロドトスとトゥキュディデス

個数:1
紙書籍版価格
¥858
  • 電子書籍
  • Reader
  • 特価
  • ポイントキャンペーン

講談社学術文庫
歴史学の始まり ヘロドトスとトゥキュディデス

  • 著者名:桜井万里子【著】
  • 価格 ¥825(本体¥750)
  • 特価 ¥577(本体¥525)
  • 講談社(2023/04発売)
  • 夏休みは読書三昧!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~7/21)
  • ポイント 125pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784065315125

ファイル: /

内容説明

ヘロドトスとトゥキュディデスは、ともに紀元前5世紀のギリシア、最盛期のアテナイに生きた歴史家である。しかし二人はいずれも、自らを「歴史家」とみなしてはいなかった。この時代、まだ歴史というジャンルは存在しなかったからである。ギリシアの文学的伝統のなかから「歴史叙述」という新たなジャンルを創設し、さらに「歴史学」への一歩を踏みだした二人の実像を描き、今後の課題を考える歴史学への入門書。
ペルシア戦争を主題として、ギリシアからオリエントの地理・歴史と伝承を網羅し、「歴史の父」と呼ばれるヘロドトスの著述は、東地中海世界を自由に飛翔するかのように想像をふくらませ、時に荒唐無稽なエピソードも盛り込まれる。一方、ヘロドトスより一世代ほど若いトゥキュディデスは、「先輩」のこうした手法を批判し、近代歴史学にも通じる史料批判で確かな事実を重ねて、アテナイとスパルタが覇権を争ったペロポネソス戦争を記録した。しかし、ヘロドトスは本当に、後世の歴史家が批判するように「嘘つき」だったのか? そして、トゥキュディデスが書かなかった事柄のなかには、どんな史実が隠されているのだろうか? 個性豊かな二人の天才歴史家に、再び教えを請うべき時が来ている。
[原本:『ヘロドトスとトゥキュディデス――歴史学の始まり』山川出版社2006年刊]

目次

1 二人の歴史家と二つの戦争
2 ヘロドトスは嘘つきか?
3 新しいヘロドトス像
4 ヘロドトスの描いた史実
5 トゥキュディデスの「ヘロドトス批判」
6 トゥキュディデスが書かなかったこと
7 歴史叙述から歴史学へ
あとがき
学術文庫版あとがき

目次

1 二人の歴史家と二つの戦争
2 ヘロドトスは嘘つきか?
3 新しいヘロドトス像
4 ヘロドトスの描いた史実
5 トゥキュディデスの「ヘロドトス批判」
6 トゥキュディデスが書かなかったこと
7 歴史叙述から歴史学へ
あとがき
学術文庫版あとがき

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

さとうしん

19
本書は、歴史というジャンルがまだ存在しなかった時代に歴史学を打ち立てた人々の営みを描いたということになるだろうか。時に「嘘つき」とまで呼ばれるヘロドトスの叙述から現代の視点で読み取れること、そして史実の選択に慎重だったとされるトゥキュディデスが書かなかったことというアプローチの仕方が面白い。本書を読むと、これまで何度となくヘロドトスと比較されてきた司馬遷について、相互の時代状況や歴史叙述へのスタンスの類似性から、やはり比較の価値があると感じた。2023/04/16

buuupuuu

18
E.H.カーはトゥキュディデスをあまり高く評価していなかったそうだ。彼はコーンフォードに依拠して、ペロポネソス戦争の原因を経済情勢に求めた。他方トゥキュディデスは、人間本性についてのその冷徹な見方で知られるが、経済的利害関係などの要因に触れることはあまりなく、力と力の関係に基づく説明を好んでいたようだ。戦争の原因は、強大化していくアテネをスパルタが脅威と捉えたことにあるとした。いわゆるトゥキュディデスの罠である。現在ではコーンフォードの説は否定され、トゥキュディデスの説が支持されているようである。2023/06/29

MUNEKAZ

14
指摘されてみれば成る程なのだが、ヘロドトスもトゥキュディデスもその著作を始めたときには「歴史学」なる学問は無く、歴史家なんて存在もしなかった。彼らは期せずして新しい学問を作った開拓者であり、それを歴史学のお作法で批判しても意味は無いのだ。ヘロドトスのときに学際的とも言える語りや、トゥキュディデスが「書かなかった」ことなど、そのジャンルのオリジネイターのみが持つ魅力を紹介している。司馬遷の『史記』もそうだが、史料として、読み物として、そして歴史書として常に後世から参照され続けてきた理由がよくわかる。2024/07/13

Hiroshi

8
ヘロドトス(前484年~前420年)とトゥキュディデス(前460年~前400年頃)は人類初の歴史家だ。彼らが歴史家となっていった経緯を考え、歴史とは何かについても考えていく本。ヘロドトスは前490年と前480年のペルシャ戦争を、トゥキュディデスは前431年から27年続くペレポネソス戦争を記した。ホメロスが『イリアス』でトロイア戦争を描いているが歴史ではなく叙事詩だ。ヘロドトスは調査・研究(ヒストリエー)を、トゥキュディデスは真実の追究(ゼーテーシス)をした。トゥキュディデスは何故同じにしなかった。批判か。2023/06/22

みのくま

6
「歴史学の父」ヘロドトスと、その後を継いだトゥキュディデス。だがこの偉大な二人の「歴史家」にも大きな相違がある。神話や伝承を歴史にバンバン織り込み、ペルシアとの対外戦争を描いたヘロトドスに対し、事実に基づいた事象のみ禁欲的にギリシア内乱を記録したトゥキュディデス。ヘロトドスは「嘘つき」と呼ばれる事もあったほど評価が難しい人物だが、ペルシア戦争を通してギリシア人の中で育っていく排外主義とオリエンタリズムに危機感を抱いていたというのはかなり興味深い。だが同時にヘロトドスはイデオロギッシュな人物でもあったようだ2023/06/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20949352
  • ご注意事項