富士見ファンタジア文庫<br> うしろの席のぎゃるに好かれてしまった。2 もう俺はダメかもしれない。

個数:1
紙書籍版価格
¥792
  • 電子書籍
  • Reader

富士見ファンタジア文庫
うしろの席のぎゃるに好かれてしまった。2 もう俺はダメかもしれない。

  • ISBN:9784040747712

ファイル: /

内容説明

クリスマスを前に、いつにも増して三代に夢中なクラスのぎゃる・志乃。そんな彼女から、勉強を教えてほしいというお願いが…それをきっかけに、彼女の家まで訪問することに!? 大好評いちゃラブコメ第2巻!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

33
ぼっちだった三代がうしろの席の同級生ぎゃる・結崎志乃と付き合って、初めての冬を迎える第二弾。三代との冬休みを満喫するために補修回避を目指す志乃と一緒の勉強、クリスマスデートでの三代のアレなプレゼントと覚悟を決める志乃、結崎家への訪問と彼女の家族への挨拶、そしてご褒美としての2人きりの温泉旅行。志乃の妹・美希も一緒の初詣もあって、バイト先を訪問したりとやや重めな志乃でしたけど、それもまた三代のことが大好きだからで、お互いを大切に想っている二人の関係を丁寧に描いてゆく今回のエピソードはなかなか良かったですね。2022/12/21

rotti619

17
前半でくっついてからが本番という、珍しいラブコメの第2巻。相変わらず愛が激重のぎゃる・結崎志乃と付き合い始めた真面目人間・藤原三代が彼なりの一生懸命さで志乃との関係を深めていくお話。ここまで付き合うにしろ、ちゅーをするにせよ、今まで全て志乃の決断で物事が動いていたが、最後の一線については三代の判断に委ねられるという、熱い展開を見せていた。その結果はぜひご一読を。ただ、最後の最後はややまとまっていない印象。元々波がないタイプの作品だが、ラスト近辺の展開はもう少し考えて欲しかった。2023/01/04

真白優樹

16
試練の期末テスト、恋人同士のクリスマスを経て二人が一千を超えていく今巻。―――その一歩は自然に呆気なく。それがこんなに心地よい。三代の過去が仄めかされたりする中、志乃の重すぎる愛と三代の器のデカさが絡み合い甘さがより深くなる巻であり、口から砂糖を吐き出す事間違いなしの甘さが駆け抜けていく巻である。周囲の魂を抜く程にラブラブが深まり歯止めが利かなくなる中、修学旅行の危機を乗り越えることは出来るのか。来るかもしれぬ新たな火日常、そこについたのなら二人は何処までいってしまうのか。 次巻も勿論楽しみである。2022/12/27

シノミヤユウ

13
まるで蜂蜜の瓶の中にいるみたいなラブコメ! 今巻も、二人の甘々な日々にニヤニヤしちゃいました。期末テストや旅行を経て、相手を知り、恋人としてじっくり仲を深めていくと同時に、相手の沼にずぶずぶはまっていく甘やかな幸福感がとてつもなくて、この二人の蜜月(「親密な関係」の意で!)を余すところなく味わっている謎の背徳感とドキドキが止まらなくなります。 孤独だった主人公も独占欲強めなヒロインも、お互いに頼り頼られ、言葉にせずとも支え合える温かな関係性を築いているのも微笑ましくて、二人のラブラブ具合に圧倒されました。2023/12/05

しん∞SHI−N

11
【愛が重いからこそ、その愛に応える器が試される】様々な冬の試練を共に乗り越える物語。愛が重いと人によっては、負担に感じるかもしれない。しかし、裏を返せば、それだけ強く想って貰えると言う事。それだけで恋人冥利に尽きて、幸せな事は無い。そんな恋愛の真理を、志乃と付き合う事で知った三代。大好きな彼女と過ごす新鮮な冬。期末試験に聖夜、実家挨拶に温泉旅行。波乱万丈な催しも共に乗り越える事で、絆は深く強くなる。互いの過去を知り、身も心も深く結ばれてようやくスタートラインに立てた彼らは。修学旅行を無事に乗り切れるのか?2023/12/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20342375
  • ご注意事項