メディアワークス文庫<br> 幻花の婚礼 贄は囚われの恋をする

個数:1
紙書籍版価格
¥759
  • 電子書籍
  • Reader

メディアワークス文庫
幻花の婚礼 贄は囚われの恋をする

  • 著者名:染井由乃【著者】
  • 価格 ¥759(本体¥690)
  • KADOKAWA(2022/09発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784049146448

ファイル: /

内容説明

吸血鬼であることを隠して生きるクロウ伯爵家の令嬢・フィーネ。ある夜の舞踏会、彼女は美しい神官・クラウスに正体を暴かれてしまう。
「――お前は今夜から、俺の恋人で、婚約者だ」
 一族の秘密を守る代償としてクラウスが求めたのは、フィーネを婚約者にすること。吸血鬼を憎む彼は、復讐に彼女を利用するつもりだった。
 策略から始まった婚約関係だが、互いの孤独を埋めるように二人は惹かれあい……。禁断の恋はやがて、クロウ家の秘匿された真実に辿り着く。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

32
吸血鬼であることを隠して生きるクロウ伯爵家の令嬢フィーネ。ある夜の舞踏会、彼女は美しい神官クラウスに正体を暴かれてしまう偽りの婚約から始まる許されない恋の物語。吸血鬼を憎み、復讐にフィーネを利用するつもりで、一族の秘密を守る代償として彼女を婚約者としたクラウス。互いの孤独を埋めるように惹かれ合う二人、そしてフィーネを束縛し偏執的な愛情を向ける兄のノア。ふとしたきっかけから封印されていた記憶が紐解かれて、複雑に絡み合う何とも皮肉な三人の構図がじわじわと効いてくる普通に重いその結末が著者さんらしい物語でした。2022/09/26

よっしー

29
これは…登録漏れでの再読かな。最初から見覚えのある流れ、でも登録してないし…とのことでとりあえず読了まではしましたが(笑 とりあえず、ノアの執着が異様で怖かったです。その束縛から逃れたフィーネには拍手を送りたくなる反面、ノアの幼少期からの事を思うとモヤモヤも残ります。人の気持ちって難しいですよね。2024/01/09

チロ子

20
吸血鬼のヒロインと、復讐を誓う神官。素敵な表紙。これは買っちゃう!😏 素敵なキャラで続きが気になり一気読み! ラストもっと盛り上げて欲しかったなー。 ぜひ続きを!!2人のその後見たい!!2022/10/29

栗山いなり

9
吸血鬼の令嬢・フィーネが神官・クラウスと偽りの婚約をすることから始めるファンタジー小説。全体的にはオーソドックスなラブロマンスって感じだったけど中盤以降『兄』であるノアのフィーネに対する異常な執着が前面に出てたのが印象的な上に怖かった2022/10/10

十六夜

8
吸血鬼一族の娘のヒロインと、彼女を偏愛する兄、そしてその兄に復讐するためヒロインに近づく公爵令息ヒーロー、という三角関係。復讐を誓うにはヒーローの正確はまっすぐすぎるし、お兄様もヒロインを囲い込むやり方はアレとは言え、ヤンデレとはいえ純愛の風味もありで、恋心ってままならないよね~という感じ。最後は記憶を取り戻した二人がしっかり結ばれて満足。謎もなかなかおもしろかった。2022/10/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20098139
  • ご注意事項