宙ごはん

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,760
  • 電子書籍
  • Reader

宙ごはん

  • 著者名:町田そのこ【著】
  • 価格 ¥1,584(本体¥1,440)
  • 小学館(2022/05発売)
  • ポイント 14pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784093866453

ファイル: /

内容説明

この物語は、あなたの人生を支えてくれる。

宙には、育ててくれている『ママ』と産んでくれた『お母さん』がいる。厳しいときもあるけれど愛情いっぱいで接してくれるママ・風海と、イラストレーターとして活躍し、大人らしくなさが魅力的なお母さん・花野だ。二人の母がいるのは「さいこーにしあわせ」だった。
宙が小学校に上がるとき、夫の海外赴任に同行する風海のもとを離れ、花野と暮らし始める。待っていたのは、ごはんも作らず子どもの世話もしない、授業参観には来ないのに恋人とデートに行く母親との生活だった。代わりに手を差し伸べてくれたのは、商店街のビストロで働く佐伯だ。花野の中学時代の後輩の佐伯は、毎日のごはんを用意してくれて、話し相手にもなってくれた。ある日、花野への不満を溜め、堪えられなくなって家を飛び出した宙に、佐伯はとっておきのパンケーキを作ってくれ、レシピまで教えてくれた。その日から、宙は教わったレシピをノートに書きとめつづけた。
全国の書店員さん大絶賛! どこまでも温かく、やさしいやさしい希望の物語。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

816
町田 そのこ、4作目です。最新作は、不器用な家族の愛の物語、感涙作でした。複雑な環境で育ったにも関わらず、宙は本当に良い娘です。今年のBEST20候補、本屋大賞にもノミネートされそうです。元気の出る魔法のふわふわのパンケーキを食べてみたい🥞🥞🥞 https://www.shogakukan.co.jp/pr/sora/2022/07/18

さてさて

797
人が生きていく中に”食”は欠かせません。それは、どんな関係性の家族にあっても変わらないものです。この作品では、町田さんの作品に定番の親と子の関係性が描かれていく物語の中に、”食”を作り、食す場面が織り込まれることで、作品が重くなりすぎるのを中和する絶妙な効果を生んでいました。町田さんならではの美しく綴られていく文章に心地よい読書の時間を味わえるこの作品。美味しそうな”食”の描写の数々に、食欲が刺激されもするこの作品。そんな物語の中に、今の世の人々が思う家族の悩み苦しみ、そして喜びを見た、そんな作品でした。2023/02/27

ミカママ

652
不思議なタイトルだなぁと思っていた。母親がふたりいる、主人公の宙(そら)ちゃん。料理の苦手な母親の助っ人で彼女の幼馴染かつ崇拝者のやっちゃんも登場して。影の主役は、主に宙とやっちゃんが作る美味しいお料理。いわく「思いがこもった料理は、ひとを生かしてくれる」。町田さん大ファンの読み友さんが、町田さんはこの料理を全部ご自分で作られて作品を執筆されたそう、と教えてくれた。辛(から)いことをいえば、彼らの抱える問題がどれも大きすぎるということ。犠牲になるのはいつも子どもたちだ。そして最終章は酷すぎるよ、町田先生。2023/08/16

まちゃ

630
人とは多面的なもので、その繋がりの中から人間性が育まれていくのだと、考えさせられるやさしい物語でした。共感できることの多い、町田さんの集大成ではないかと思える作品。お薦めです。第二話からは、先が気になって一気読み。2022/07/30

うっちー

614
私には少し重すぎました2022/07/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19654178
  • ご注意事項