GA文庫<br> お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件6

個数:1
紙書籍版価格
¥704
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

GA文庫
お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件6

  • ISBN:9784815612009

ファイル: /

内容説明

真昼の支えもあり、過去の苦い思い出と正面から向き合うことができた周。
実家で真昼を可愛がる両親と、家族のぬくもりを喜ぶ真昼の姿を微笑ましく眺めながら、改めて隣にいてくれる彼女のありがたみを実感し、真昼のそばに居続ける決意と覚悟を新たにした。
夏も終わりに近づき、二人で浴衣を着て出掛けた夏祭り。少しずつ素直に気持ちを伝えあうようになった周と真昼の、夏の思い出は深まっていく――
可愛らしい隣人との、甘く焦れったい恋の物語。

※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

佳祐@隣の天使様(原作勢)

53
待ちに待った六巻、面白かった2022/06/06

よっち

47
真昼の支えもあって、過去の苦い思い出と正面から向き合うことができた周。少しずつ素直に気持ちを伝えあうようになった周と真昼の、夏の思い出は深まっていく第六弾。周の実家で彼の両親のぬくもりを喜ぶ真昼、彼女が傍らにあることのありがたみをしみじみと実感する周の決意と覚悟。唐突に思われたあの登場は今後へ向けた伏線なのか気になるところですけど、夏祭りでもしっかりとした絆めいたものが感じられて、周と真昼の関係もこなれてきたというか、要所に盤石になってきた感がありました。この二人ならこれから何かあっても大丈夫そうですね。2022/05/12

オセロ

46
何やら周と真昼に進展があったとかを小耳にしたので本書を手に。前巻を読んだのがかなり昔だったので内容を殆ど覚えていなかったので不安もありましたが、基本的に2人がイチャついてるだけだったので問題なかったですね。そんな中で、千歳と樹の父親の問題も気になりますが、真昼の父親と周の会合の内容はそういう意味で受け取っても良いんですかね…?2024/03/29

ナギ

41
うーん。全然進みませんね。最後に少しだけ家族との問題が出てくるくらいで、糖度がひたすら高いだけで何も起きないのがさすがに続き過ぎなのでは?とも思う。まぁこれを買ってる人はそういうのが好みだと思うのでそれはそれで良いんですが、私なんかは物語にもう少し起伏が欲しいわけです。これは5巻くらいからずっと言ってたわけなんですが、進みませんねぇ……2022/10/12

わゆ

39
5巻から地続きの展開となり、周の実家での日々が前半パートを占める。溶け合うように仲を深めていく2人の様子が描かれるが、本当に丁寧にプラトニックに愛し合う姿がたまらない。また嘗て育児放棄扱いを受けた真昼が、周両親に実の家族のように受け入れられている姿は読み手にも嬉しい。後半はいつもの舞台に移り、表紙に描かれた艶やかな夏祭りが描かれる。一連の流れの中で、周と真昼は別ベクトルで自分の過去と向き合うことになる。特に真昼側の展開は次巻以降の鍵になりそうで、まだまだ楽しみなシリーズだと再認識。時間を忘れて読めた。2022/05/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19146220
  • ご注意事項