GA文庫<br> リモート授業になったらクラス1の美少女と同居することになった

個数:1
紙書籍版価格 ¥726
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

GA文庫
リモート授業になったらクラス1の美少女と同居することになった

  • ISBN:9784815612146

ファイル: /

内容説明

「リモート授業に必要だから、わいふぁいを捕まえようと思ったんだ」

寮がクラスター発生で閉鎖し、途方に暮れていた高校生・吉野叶多は、夜中の公園で奇妙な行為を目撃する。
スマホをぶんぶんと振り回し、電波を(リアルな意味で)捕まえようとしていたのは、なんとクラス1の美少女・星川遥だった。
あまりの機械音痴っぷりに、せめて設定くらいはしてあげようと家に向かう叶多。ところが……。

「隣の部屋、余ってるんだよね」

機械音痴はただのフリ。
叶多を連れ込むことこそが、実は彼女の真意だったようで──!?

誘い受け上手なお嬢様とはじめる、イチャ甘同居ラブコメディ!

※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

28
寮がクラスター発生で閉鎖し、行き場もなく途方に暮れていた高校生・吉野叶多。公園での野宿を覚悟した彼が、スマホをぶんぶんと振り回し、電波を捕まえようとする同級生・星川遥と出会う物語。あまりの機械音痴っぷりに、せめて設定くらいはしてあげようと家に向かう叶多。実は機械音痴はただのフリで、なし崩し的に叶多との同居に持ち込む遥。リモート授業でいたずらしてきたり、彼との関係を匂わせようとしたり、わりとぐいぐいくる彼女との距離感にはドキドキさせられて、彼女の危機に我が身を省みずに奔走する叶多がなかなか格好良かったです。2022/03/11

まっさん

20
★ 当初は購入予定ではなかったもののTLでの感想を見掛け気になり購入した作品。 結果から言うと私にはあまり合わない作品でした。確かに主人公とヒロインがとある事情から同居する事になって始まる甘々ラブコメ作品ではありますが、正直これリモート授業要素必要でした?ってくらいリモート授業要素が薄かった所が不満でしたね。折角他作品との差別化要素として戦える武器を備えていながら上手く活かせていない印象を受けました。 また、ヒロインと主人公は確かにイチャイチャしあっていますが、一つ一つのイベントを見ていくとどれも薄い→2022/03/24

TERU

13
今の時代感に合わせたニューノーマルラブコメ。最近この手の作品は増えてきました。が、結局リモート設定を活かしていない作品が結構多い中でこの作品はやってくれました。なんで今まで読んだこの手のラブコメでこれやってくれないのかとずっと思っていた事を!そう、同じ部屋隣同士でリモート授業を受けている最中に画面に映らないように弄る!!やっとこの作品がやってくれました。 それからヒロインが機械音痴を『演じている』のが効いていて、積極的に距離を詰めてくるヒロインが可愛らしかったです。2022/04/08

rotti619

13
最近増えてきた某ウィルス問題が舞台の同居モノ。学生寮が閉鎖して入れなくなり、実家にも帰れず公園で野宿を決めた吉野叶多にヒロイン星川遥が、機械音痴でリモート授業ができないと称して自宅へ連れ込むお話(言い方)。物語早々に遥が叶多と仲良くなりたくて同居を企んだ事が明らかになるのだが、これが見事にポンコツ。この本来才女の彼女が彼のためにあの手この手を使うが見事に空回りするのは、定番ネタだがやっぱり読んでて楽しい。叶多自身が鈍感なのを”演じている”というのもミソで、ラストは今の世相を上手く使ったオチに仕上げていた。2022/03/16

サキイカスルメ

11
クラスターで学生寮を追い出され、実家からは帰省NG、公園で野宿かと途方に暮れていた高校生吉野叶多。そんな彼の前に、わいふぁいを捕まえようとする同級生の美少女星川遥が現れ始まるイチャ甘同居ラブコメ。ヒロインの可愛さに胸を撃ち抜かれました!なにこのポンコツどや顔美少女!可愛い!このお話は遥の機械音痴という嘘から始まるんですが、吉野くんが好きすぎるあまりに、それは今までどうやって暮らししてきたんだい?というレベルまでいってしまう暴走っぷりが最高に残念で可愛かったです。主人公吉野くんの果てしない優しさも素敵でした2022/03/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19330253

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。