ヒーローズコミックス<br> 海辺のキュー(4)

個数:1
紙書籍版価格 ¥748
  • Kinoppy
  • 特価
  • ポイントキャンペーン

ヒーローズコミックス
海辺のキュー(4)

  • 著者名:背川昇【著】
  • 価格 ¥748(本体¥680)
  • 特価 ¥374(本体¥340)
  • ヒーローズ(2021/11発売)
  • お盆休みの読書に!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~8/13)
  • ポイント 75pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784864688369

ファイル: /

内容説明

増殖した “クロ”が手当たりしだいに人々を食い続けたことで、犯罪が多発する危険地帯となってしまった千穂の町。それを「ぜんぶキューのせいだ!」と言うハルの言葉に、すべての責任は自分が負うと決めた千穂はクロ狩りを開始する。
一方、鳴海と円を傷つけられたことで静の怒りも爆発。その矛先がクロとキューに向けられたのだった。日本全土に拡がっていくクロの脅威に、ただの中学生である千穂と静はーー!?そして、その時にキューが取る行動とは!?少女とエイリアンの侵略の物語、ここに完結!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

十二月の雀

10
物語は軟着陸というか、取り返しのつかないか感じは取り返しがつかないままに、結局何かが少し変わって日常は続く。生きづらいけど、生きるのやめない少年少女、あるいは大人の出会いと決意の物語だった。こういうのなんていうの、ジュブナイル?全然似てないのに、『なるたる』とか『フリクリ』を想起するのは、思春期のヒリヒリとした緊張感、ギザついた雰囲気を連想するからかしら。背川昇の画と物語が大好きだ。これからも新作が出たら追いたいな。2021/12/10

東晃

1
そんなに簡単に変われるわけないと思うけど、受け入れたり、飲み込んだりすることならできるのかなと、少しだけ思う 星三つ2021/12/01

さみだれ

1
ほのぼの UMAミーツガール路線でいくかと思ったが、終盤にかけてハラハラする展開で楽しめました。全てが終わった後の、良い意味でしこりの様に残る後味の悪さもいい味出してます。作者のSNS等を見る感じ、やはり鬼頭莫宏先生の「なるたる」の影響を受けているのではないかと思いますね。絵が丁寧でかわいいので、ハードな内容とは相反する部分が好きです。これからも応援していきたいです。2021/11/27

杜杜

0
電書で購入2022/01/02

ネタバレ:寝落ち避けがたし

0
お話は収まるとこに収まったって感じですね。最初から最後まで不穏な手遅れ感を出してて良かったですね。全員被害者だわこれ。 あの二人が幸せそうで良かった2021/11/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18972928

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。