GA文庫<br> お兄ちゃんとの本気の恋なんて誰にもバレちゃダメだよね?

個数:1
紙書籍版価格 ¥726
  • Kinoppy
  • Reader

GA文庫
お兄ちゃんとの本気の恋なんて誰にもバレちゃダメだよね?

  • ISBN:9784815610036

ファイル: /

内容説明

この初恋は、誰にも言えない!
悶絶必至、禁断の『兄×妹』ガチ恋物語。
イチャイチャ純愛の名手・保住圭が送る、とろけるほどの甘々ラブコメディ!

「お兄ちゃん、私たちのカンケイは誰にもナイショだよ?」
男子高校生の由真千晴は、実の妹・ちまりと相思相愛の恋に落ちている。
兄妹同士で愛を育むこの関係は常識的に考えて超機密事項。
学校や親にバレたら最悪、離ればなれにさせられる!? そんなの絶対お断りだ!
ところが――
「ねえ、この前キスしてた女の子って、誰かしら?」
なんと、学園の先輩・希衣に、ちまりとのファーストキスを目撃されており……。
言い逃れできないイチャイチャ現場を押さえられ、兄妹の秘密は絶体絶命!?
俺と妹の仲は、誰にも邪魔させない――!
『可愛すぎる妹との本気の恋』、実際にしてみたらどうなるの!?
そんな妄想をストレートに描ききる、兄と妹イチャイチャ特化の直球ラブコメディ!
バレずに貫く悶絶必死の兄×妹『ガチ恋』純愛物語、開幕!

※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

オセロ

20
まず、どんな作品にも言えることですが、この作品は特に読み手を選びそうだなと。 実の兄妹でありながら付き合ってる千晴とちまりのイチャイチャっぷりを受け入れられるか受け入れられないかで評価は真っ二つに別れると思います。 基本的に千晴とちまりのイチャイチャで物語は進んでいきますが、その中で密かに千晴に想いを寄せる十時ヶ原希衣がもっと絡んでくるのかと思ったら、ラストの展開は意外過ぎでしたね。ただ、個人的には別レーベルでやった方が良かったのでは、というのが正直な意見です。2021/10/14

nishiyan

12
実妹でJCのちまりと本気の恋愛をしている高校生の千晴。禁断の恋であるだけでなく、恋愛に厳しい校則がある学園生活でバレないように四苦八苦する甘々純愛ラブコメ。プロローグから、ちまりの可愛さ全開のフルスロットル。あまりのイチャいちゃっぷりに胸焼けする展開の数々。千晴の理性がかろうじて持ちこたえいるのがまた愉快。互いを強く意識するようになった思い出が美しい。刺客として立ちふさがる先輩の希衣とちまりの親友の梢がいい感じのポンコツ&鋭さで二人の恋を熱く盛り上げる。この危険な関係はどこまで描かれるのか。次巻が楽しみ。2021/10/16

真白優樹

12
実の兄妹でありながら恋人同士となった少年と少女が、周囲に苦労し隠しながら愛を深めていく物語。―――たとえ倫理が許さぬとしても、それでも譲れぬ愛がある。 細かい事はいいんだよと言わんばかりに背徳感を置き去りにした怒涛のイチャラブが繰り広げられる物語であり、イチャラブが怒涛の勢いで攻め込んでくる、気が付けば飲み込まれているかもしれない物語である。故に何も考えず、面白い。始まったばかりの茨の道は敵だらけな中、二人は愛を深められるのか。許されぬ恋の行方は何処へと進んでいくのか。 次巻も須らく期待である。2021/10/15

TERU

11
男子高校生『由真千晴』は、実の妹『ちまり』と相思相愛の恋に落ちている。(え?)
学校や親にバレたら終わる!しかし、学園の先輩『希衣』にイチャイチャ現場を押さえられ絶体絶命!? 妄想ストレート、兄と妹イチャイチャ特化ラブコメ。 もう終わっとるこのラノベ... 「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよね!」一本勝負!ここまで潔いと逆に好感度高い。(あれ?この間似た様な事言ったような...?) 中身は良きイチャラブコメ、キャラも魅力的で悪くないが、いかんせん本気の兄妹愛だから人は選ぶ。マジに選ぶ。 2021/11/11

椎名

9
実妹でここまで振り切ってる作品も珍しい。あるようでなかった実の兄妹でのガチ恋もの。付き合い始めるところからスタートし、あとはひたすらイチャイチャするところを見せつけられる。ライトノベルという媒体だからこそ堂々とJCにできたのはわかっているのだが、R指定のほうがイキイキとしそうだなあ。2021/10/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18481518

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。