アマゾナイトノベルズ<br> 星降る夜のやさしい時間(4)

個数:1
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

アマゾナイトノベルズ
星降る夜のやさしい時間(4)

  • 著者名:広兼怜/光永司
  • 価格 ¥330(本体¥300)
  • クリーク・アンド・リバー社(2021/09発売)
  • 近づく夏!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン ~5/22
  • ポイント 75pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

名家である東條家に生まれた誠司は、代々継がれて来た会社の専務で、仕事もできる男。
誰もが羨む地位にいるが、「妾の子」として義母から蔑まれて育っていく中で、ある感情が芽生える。
――人は信用しない。
東條の心に頑なにあるもの。どれだけ良い暮らしをしていても、それだけは揺るがない。

そんなある雨の夜、女を拾った。
女の名前は菊池花。極貧でホームレス状態だった彼女を看病する姿は、今までの東條からは想像できないものだった。

さらに、あることがきっかけで「住み込みの家政婦」として花を迎えることに――。
花は、東條に忘れていた人としての「何か」を思い出させてくれた。

形は違えど似たような境遇で育ち、知らず知らずのうちに惹かれ合っていく二人。
しかし、住む世界が違い過ぎる二人に、残酷な決断の時が……。
『星降る夜のやさしい時間(4)』には「近づく距離」(前半)を収録。