電撃文庫<br> バレットコード:ファイアウォール2

個数:1
紙書籍版価格 ¥792
  • Kinoppy
  • Reader

電撃文庫
バレットコード:ファイアウォール2

  • ISBN:9784049138375

ファイル: /

内容説明

多くの仲間を失いながらも、電脳空間の過酷な戦いを生き抜き、現実へと帰還した古橋優馬とその仲間たち。
 しかしその立役者の一人、「フロストバイター」の異名を持ち、優馬と将来を誓った少女・雨宮千歳には、とある変調が生じていた。部分的記憶喪失。戦いの中で育んだ優馬との思い出を、彼女は失ってしまっていたのだ。
 改めて恋人として、彼女と向き合おうとする優馬だったが、そこにある人物が現れる。千歳の姉にして電脳空間最強の呼び声高い女性・雨宮白亜。近い将来、再びやってくるであろう脅威に立ち向かうため、優馬は白亜を師と仰ぎ、己を鍛えようとするが――。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

なみ

15
記憶を失った千歳を守れるようになるため、優馬が千歳の姉、白亜を師匠として特訓を始めるシリーズ2巻。 TOWAのこととか千歳のこととか、色々と衝撃的でした。 戦闘描写もド派手で楽しかったです。それとラストの千歳が天使すぎる。 3巻が読みたい!2021/08/12

ささきち

11
なるほどなるほど…やっぱり人類は滅びるべきである!巻数が増えるごとに敵のテロリスト側を応援したくなる作品って他にあるぅ?って言うくらい人類が嫌いになるんですが?それに人類最強の白亜ですら相手のナンバー3に勝てるかどうかってのに人類側が身内で争うとかもう終わりやろ?そんで前回の1億人事件は当然のごとく世界中がボロクソに叩かれたが、その後核兵器が発射したことで必要な犠牲だっと目を閉じる結果となり世界は団結?するわけだけど…確かに核兵器は危ないけどさ、それをしなければ世界中が12使徒と戦う前に潰しあって疲弊して2021/08/28

げんごろう

11
戦場から帰還した優馬達だが、千歳が記憶喪失に。 次々と明かされる驚愕の真実、電脳空間という特性を生かした激しいバトル、千歳との甘いひとときと非常に中身の濃い一冊でした。 そしてなにより最強のお姉さんが最高にカッコよかったですね!大満足です!2021/08/26

真白優樹

8
現実世界へと何とか帰還するも、千歳が優馬と過ごした記憶を、優馬がその力を失う中、電脳世界最強の女性、千歳の姉の白亜と接触する今巻。―――例え世界が拒むとしても、己が想い、貫き通せ。 大国の思惑と機械の思いが舞台裏で渦巻く中、優馬が白亜に師事し修行する巻であり、唐突な戦いの中、千歳に隠された衝撃の真実が明かされる、前巻とはまた違った面白さと熱さが迸っている、また一つ面白さが増す巻である。乗り越えた先、取り戻した絆と近づく危機。果たして優馬は、千歳を、世界を守り抜けるのか。 次巻も勿論楽しみである。2021/08/08

ゴット

6
戦場から帰還した優馬たちに待っていたのは千歳の記憶喪失だった。失われた記憶を巡って新たな戦いが始まる… 滅茶苦茶面白い!千歳の姉である世界最強のハッカー雨宮白亜の登場で物語は一気に加速していきます。愛する妹のために命を投げ出すことさえも躊躇わない覚悟に心打たれました!譲れないものがあるからこそ戦う姿は本当にかっこいいです。徐々に明らかになっていく謎…揺らされる優馬や千歳の感情。心理描写が本当にすごい! 感情移入がしやすく物語をより一層楽しむことができました。3巻も読みたい!2022/01/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18294283

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす