イラストでわかる日本の甲冑─古代から戦国・安土桃山までの鎧・兜・武器・馬具を徹底図解

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,530
  • Kinoppy
  • Reader

イラストでわかる日本の甲冑─古代から戦国・安土桃山までの鎧・兜・武器・馬具を徹底図解

  • ISBN:9784837309154

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

甲冑は、敵の刀剣や矢、銃弾から着用者を守るための防具であり、その機能は現代の軍隊が使うヘルメットや防弾チョッキと大差ない。
しかし、決して合理性だけを追求した工業製品ではなく、華やかな色に染められた絹糸や複雑な透し模様を彫り込んだ金具がふんだんに使われ、細部に至るまで極めて美しく作られている。
本書では、甲冑の素材や細部構造から着用法に至るまで、時代ごとの変遷を追いながら、イラストと写真で徹底的に解説。
日本の美の大いなる象徴であり続けた甲冑の魅力、その奥深さへと踏み入る第一歩におすすめの1冊。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

サケ太

18
イラストで昔からの甲冑やその変遷を見ることが出来る。それだけでなく武具や馬などについても記載があるのがありがたい。2021/04/24

あねさ~act3 気が付けば年中積本消化中😆

6
イロイロ甲冑について、勉強になったけど、ローマ字で胴体に自分の名前が描いてある甲冑が一番インパクトがあった。 実物を見てみたい。2021/06/23

bvbo

1
写真も大事だけど、イラストだとわかることもあるな。 2021/05/30

つじつじ

1
詳しい。 quiyota xichisuque(清田七助)と書いてある甲冑が印象的だった。2021/03/09

kaz

0
もう少し実物の写真があるかと期待したが、タイトルにあるとおり、基本的にはイラストでの解説。甲冑を付けないわけにはいかないが、よくこんなものを身に着けて動き回れたものだと、改めて感心してしまう。図書館の内容紹介は『防具としての合理性を追求すると同時に、細部まで美しく仕上げられた甲冑。「兵器にして美術品」という二重の性格をもつことが、甲冑の最大の魅力である。古代から戦国・安土桃山までの鎧・兜・武器・馬具を徹底図解する』。 2021/04/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17294772

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。