小学生の子がどんどん勉強するようになる親のすごい声かけ

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,540
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

小学生の子がどんどん勉強するようになる親のすごい声かけ

  • 著者名:葉一【著】
  • 価格 ¥1,540(本体¥1,400)
  • SBクリエイティブ(2021/07発売)
  • 近づく夏!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン ~5/22
  • ポイント 350pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784815610845

ファイル: /

内容説明

「勉強しなさい!」「宿題しなさい!」とついガミガミ言ってしまう親御さん必読

「葉一さんのお話を聞いてから、小学生のわが子に“勉強しなさい!”“宿題しなさい”を言わなくなりました。でも、自分から勉強して、驚きの変化です」(担当編集)

●勉強量は極力減らす、「ゴール」を見せる
×「漢字ドリル、やるよ
○「漢字3文字書いたら終わりだよ」
○「これが終わったら、ゲームしよう!」

●やらされ感をなくす
○「(漢字が読めたら)かっこよくない?」「(九九で計算したら)めんどくさくないでしょ?」
×「九九のテスト、やるよ」
○「九九クイズをやろう」

超人気YouTuberの葉一さんが贈る、子どもが自分から勉強するようになるヒント。
・自己選択がやる気を引き出す
・「褒める・叱る」の比率は9:1
・「一緒にやろう」の一言で子どもは動く

「もう終わり? もっと勉強したい!」子どもの知的好奇心を刺激するヒントが満載!

●こんな方に読んでほしい!
・小学生、これから就学を控えるお子さんの保護者の方
・「勉強しなさい!」「宿題しなさい!」とガミガミ言ってしまう方
・「うちの子、自分から勉強しなくて……」「うちの子、勉強が苦手で……」と悩む方
・わが子に家庭学習の習慣を身につけてほしい方
------------
【目次案】
第1章 「勉強好きな子」「勉強しない子」、その境目は親の一言です
第2章 勉強好きな子にかわるスイッチは「ここ」にある
第3章 座学にこだわらない。生活の中に勉強のタネはたくさん
第4章 小学生のつまずきポイントはこう回避せよ
第5章 この先ずっと自分から勉強する子でいるために

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

たまきら

31
たくさんのお宅を見てきたんだろうなあ…と、リアルな声かけ例にうなずいてしまいました。娘さんが読書と小説を書くのにに夢中になって通信教育をほぼ1か月分ためているのですが、自分でやれると言ってやらないのですが、色々な声かけもすべて「うるさい」と言われるのですが、そのくせ「中学受験するし」と言っているのですが、いや~正直受験なんてしなくていいじゃんと思っている私は声かけももうしたくなくなってきているんですが、これって普通なのかな。2022/05/09

アナクマ

26
「親の影響力は絶大です」元塾講師の教育系YouTuberによる、子どもに勉強グセがつく声かけ事例集。◉能力は人それぞれ。課題は小さく分割、時間も短く区切り、「できた」という小さな成功体験を重ねること(自分で決めて→実行した→ほめる)。やみくもな量ではなく、定着したかどうか、そして自発性の育成が肝心。◉親のネガティブ発言の弊害を指摘したり、塾選びのアドバイスまで(必ず体験授業を。お金の話はきっちりと。先生変更の可否。トイレの様子)。子どもの学習以外の場面にも当てはまる、わりと普遍のセオリーでしょうか。2022/01/10

ちるげる

1
2歳と0歳の父親です。本書の対象とはずれますが教育の参考までに。 勉強の主役は子ども、勉強する気をジェネレートするのに意識すべきことが書かれています。 本書を読んでからなら、きっと優しい気持ちで子どもに向き合えると思いました。 自宅学習、その環境づくりの大切さを考えさせられます。 コロナ禍で更に自宅学習の重要性が高まる昨今、保護者の方には一参考として本書に目を通して欲しいです。2021/09/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17988475

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。