ポプラ文庫ピュアフル<br> 金沢古妖具屋くらがり堂 夏きにけらし

個数:1
紙書籍版価格 ¥792
  • Kinoppy
  • Reader

ポプラ文庫ピュアフル
金沢古妖具屋くらがり堂 夏きにけらし

  • ISBN:9784591170663

ファイル: /

内容説明

妖怪たちの古道具――古“妖”具を取り扱う不思議なお店「蔵借(くらがり)堂」。そこでアルバイトする普通の人間・汀一と、唐傘の妖怪である時雨の青春バディ・ストーリー第3弾! 親友になりつつあった二人に、別れが訪れる……!? 『絶対城先輩の妖怪学講座』著者がおくる、ほっこり温かく、ちょっぴり切ない妖怪の日常系事件簿。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Takanori Murai

21
小生意気だが憎めない小さな妖怪仲間が増えた。親友時雨の旅立ち。別れは寂しいが汀一は独り立ちできるのか。若者たちの成長は良きことなれど、ファンとしては少し淋しい気も、つい親目線。名前だけ出てきた泉鏡花記念館、次回作では是非小春木くんと学芸員さんのコアなやり取りが見たい。2021/07/12

みどり

6
外出の合間に読むにはちょうどいい内容だし、 とてもいい話ばかりだったのだが、不覚にも中盤から涙してしまう、罠が張られていた。 これは、ここで終わりなのか、続くのかどちらでもいい終わり方。2021/07/07

bluets8

2
汀一と時雨、一年かけて友情を育んできた二人に大きな転機が訪れるシリーズ第三弾。主人公だから当たり前ではあるけれど、汀一の気分が沈むと作品全体の雰囲気も暗くなる。雨の多い金沢の街と、悩んで晴れない気分の二人の心情がシンクロしているので余計に。その暗さに、特に時雨を送り出した後の汀一の沈み具合に二人の友情の深さを感じられるのだけど。亜香里が少し押せば恋が成就しそうなくらいデレてたのに、時雨にしか目が行っていないタイミングの悪さと不器用さが汀一らしい。そして、このもどかしさが青春小説の醍醐味か。2021/07/08

えりち

0
先程読み終わりました! 一話一話で共感できる部分がありました。 やってしまったことに対する後悔は、つきまとうもの。また、 人間も妖怪も心情は変わるものです。だからこそ『今』を大切に過ごすべきだと思いました。2021/11/17

さいだ

0
このシリーズ早くも3巻。あかり絡みの事件で汀一とあかりの距離が縮まったかと思えば、時雨が修行の為に旅立つことになったりと変化が大きい巻。まぁ、元の鞘に戻ってしまうわけだけど。実のところ結構なピンチのはずなのに、何かうまく乗り越えてしまう安定感。汀一は本当に良い子ですね。2021/10/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18165776

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。